キレイで笑顔のママを目指すおすすめサプリ>>

【もう大丈夫】ダイエット中のストレスで食べたいのを抑えられない場合の対処方法7選

本記事では食欲が爆発し抑えられず、なかなか痩せれなかった私が、ストレスなく食欲を抑えることができた方法7選を解説しています。

不意にくる抑えられない食欲、我慢するのが辛い!

どうやったら我慢できるのかな?


食欲を抑えることって本当に難しいですよね

そこで今回は誰でもストレスなく食欲を抑える方法をご紹介します。

ストレスなく食欲を抑える方法は食事以外に気を逸らすことが大切!

ひたすら我慢するのではなく、ここまでやったら少し食べてもOKという明確なボーダーラインを作ることが重要です!

我慢しすぎる事も食欲を爆発させる原因の一つになります。

目次

ダイエットのストレスで食べたい欲が・・
身体や心への影響は?

ダイエット中は食べたいのに食べられないということが多くストレスが溜まりますよね。

食べてはだめだと我慢すればするほどイライラしたり、ストレスで過食してしまうこともあります。

この状態が長く続くと過食症や拒食症になってしまったりして身体だけではなく心のバランスも崩してしまう可能性もあります。


ストレスを溜めずに痩せることが一番だね!

また食欲を結局抑えきれずいつまでたっても万年ダイエットなんてことにもなりかねません。

ではどのように食欲を抑えていくのでしょうか?

ダイエットのストレスで食べたい気持ちが抑えられない時の対処法7選!

ダイエット中などで食欲を我慢したいけど、不意にテレビの美味しそうな食レポを見てしまったり、家族が隣で美味しそうにご飯を食べていたりする時などどうしても我慢できない時ありますよね。

そんな時におすすめの即効性のある対処法7選をご紹介します。

・水かお茶を飲む

・歯磨きをする

・香りが強いものを嗅ぐ

・トレーニングする

・15分待つ

・お風呂に入る

・太った自分の写真を見るor目標としている人の写真を見る

この対処法を知っていれば耐え難い食欲を抑えることができるはずです。

水かお茶を飲む

1番手早いのは、お水かお茶を飲む事です。

コスパもかからずお金や時間をかけずに誰でも簡単に始めることができます。

空腹を感じた時に胃の中に何か入れば自然と食欲が満たされることが多いのでとりあえずお水やお茶を飲む事で空腹を紛らわせましょう。

また、お茶に含まれているカテキンやカフェインは脂肪を燃焼させる効果があります。

ただし、カフェインは摂り過ぎは厳禁なので、基本はお水、お茶は適量をと考えましょう。

お水は身体への負担もなくまた

・浮腫み解消

・代謝を上げる

・便秘解消

などの効果もあります。

その時は冷たいお水をガブガブ飲むのではなく、常温のお水を飲むようにすると内臓への負担が抑えられますよ。


寒い日などは白湯を飲む事で内臓を温めてくれますよ!

歯磨きをする

食欲がおさまらない時は歯磨きをすることで食欲を抑えることができます。

歯磨きはなるべくミントなど口の中をスッキリさせるのを選ぶのがポイントです。

ミントは食欲を抑制してくれる効果があります。

私も夜寝る前どうしてもお腹が空いた時は歯磨きをして15分経過しても食べたかったら食べようと決めてまず歯磨きをしています。

歯磨きをしてから15分経過すると、もう歯磨きもしたし、何か食べたらまた歯磨きしなくちゃいけないからこのまま寝よう!という気持ちになるのです。

絶対食べてはいけないと決めつけてしまうと余計食欲が増すことがあるので、歯磨きして15分経過してもどうしても食べたい時は食べよう!くらいの気持ちでいると案外もういいかな、と執着せずにすみます。

香りが強いものを嗅ぐ

食欲がどうしても治らない時には香りが強いものを嗅いでみましょう。

香りが強いものといっても美味しそうな食べ物の匂いではなく

・ペパーミントのようなスッと鼻を通るような香り

・グレープフルーツの柑橘系の香り

・バニラの甘い香り

などが効果的です。

アロマオイルなどがあればそちらでも良いですが、手元になければ香水やヘアワックス、石鹸などもそういった香りのものも多いのでそれらを利用するのも良いでしょう。

香りは食欲を抑えてくれるだけではなく匂いによっては代謝をあげてくれるもの体脂肪の燃焼をしてくれるもの様々あります。

自分に合った香りを探してみましょう。

トレーニングをする

私はどうしてもお腹が空いた時、食べたい時はあえてつらいトレーニングをしています。

例えば、チョコレート一つ食べるのであれば、スクワット30回×3セットをしたら食べても良い。

など自分にあえて辛いトレーニングを課しています。

これにより、食べてはいけないという抑制する気持ちが無くなるので意外とトレーニングが終わる頃には食べなくてもいいやと執着心を持たないようになるのです。


我慢しないことでストレスからくる食欲がなくなった気がするよ!

しんどいトレーニングをあえてすることにより、ここまで頑張ったしもうチョコはいいかな〜という気持ちにもなります。

もし食べることになってもトレーニングはきっちりした上で食べるので罪悪感なく食べれます。

15分待つ

食欲の中でもなんとなく口が寂しいなどの理由で食べたい場合は、とりあえず一旦15分待ってから食べるようにしています。

突発的な食欲はこれで抑えることができます。

食欲は二つの種類があって

・本当にお腹が空いていて食べたいという食欲

・お腹空いていないが、なんとなく口が寂しい、イライラするから食べたいなど食べることをで別の欲求を満たすための食欲

の二つがあります。

そのうちの後者は本来食べなくても良いパターンが多いです。

この後者は間食につながりやすいので、一旦15分ほど考えることにしています。

本当に自分は今食べたいのか?食べること以外で自分の欲求を満たす方法はないか?ということを考えてみます。

そのうちに気持ちが冷静になりなんとなくおやつを口にすることが少なくなるのです。

お風呂に入る

食欲が湧いてきたら一旦お風呂に入ります。

内臓に血液が集中して胃が活性化するとにより食欲が湧いていたのがお風呂に入ることにより全身の地の巡りが良くなり食欲が抑制されるそうです。

入浴剤をメントール系の気分がすっとするような清涼感のあるものにするのも良いでしょう。

お風呂上がりに失われた水分を取り込むために常温のお水を飲むことで食欲も満たされます。


その時は再び食欲が湧いてこないうちにすぐ寝てしまうのが得策だよ!

太った自分の写真を見るor目標としている人の写真を見る

食欲が湧いてきた時には、

・太った自分の写真をみる

・もしくは目標としている人の写真を見る

のも効果的です。

太った自分を客観的に見るために日頃から体型の変化は写真に納めておくのもモチベーションアップに繋がります。

太った自分を見ると戒めになり食欲を抑えることができます。

目標としている人の写真を見ることでこんな体型に絶対なってみせる!という強い思いがあれば不要な間食を抑えることができるでしょう。


スマホの待ち受けにしてモチベーションUP!

目標とするのは芸能人でもインフルエンサーでも良いのですが写真は全身の体型がわかるような具体的な写真の方が効果があります。

憧れの体型に近づくために一旦自分の食欲に冷静に向き合うことが大切です。

食欲が爆発しないために日頃から気をつけるべきこととは?

食欲を抑える方法を紹介してきましたが、日頃から食欲を爆発させないためにできることをここからはご紹介していきます。

・ゆっくり食べる(よく噛む)

・睡眠をたくさんとる

・食事中は食事に集中する

・味付けを薄くする

・野菜から食べる

の5点を意識することにより食欲を少しでも抑えることができます。

詳しく解説していきましょう。

ゆっくり食事をする(よく噛む)

昔からよく言われていることですがゆっくり食事をする、よく噛むことで満腹感を得ることができ食事の量が減ります。

早食いは満腹感を得るまでの時間の間に食欲が爆発してついつい食べ過ぎることが多いのです。

1回の食事の時間は20〜30分が理想とされており、一口ごとに30回噛むことで満腹感を得やすいと言われています。

逆にゆっくり過ぎるのもよくありません。

だらだらケジメをつけずに食べることは食事の量を増やしてしまうので1回の食事を20〜30分間に抑え食事の時間はメリハリをつけるようにしましょう。

睡眠をたくさんとる

食欲を抑えるためには睡眠をきちんととるようにしましょう。

睡眠時間が少ないと食欲を抑えてくれるホルモン(レプチン)が減り、逆に食欲を増やすホルモン(グレリン)が増えると言われています。

睡眠不足は食欲にまで影響を及ぼしてしまいます。

しかもその時に食べたくなるものもスイーツや炭水化物などの糖を欲するそうです。


きちんと寝るようになってからお菓子の量が減ったよ!

きちんと睡眠をとり規則正しい生活をすることで食欲を抑えバランスの良い食生活を手に入れましょう。

食事中は食事に集中する

食欲を抑えるために食事中は食事に集中することをおすすめします。

上記でだらだら食べることで食事の量が増え食べ過ぎてしまうとお伝えしましたが、ついだらだらながら食べをしてしまうこと多いですよね。

例えば、テレビ、スマホを見ながら食事する光景よく見かけませんか?

忙しい方はPCで仕事をしながらという方もいるかもしれません。

ながら食べは食事の香りや味なども感じづらくなりついつい噛むことを忘れ早食いになってしまいます。

そうすると満腹感が得られず食欲が増してしまうのです。


食事に集中すると噛む回数が増えたり食事を楽しむことができて食欲抑制につながるんだね!

味付けを薄くする

私が食欲を抑えるためにもっとも心がけているのは味付けを薄くすることです。

濃い味付けは食欲が増してしまい必要以上に食べ過ぎてしまいます。

また毎日濃い味のものを食べ続けると舌がその味に慣れてしまい段々と薄味が物足りなくなっていくのです。

特に塩分が強いと、喉が渇き水分をたくさん摂ることになります。

お水は身体に良いのですが塩分は水を吸収するので身体が浮腫み悪循環に陥ってしまいます。


素材の味を大切にすることが大切なんだね!

そのため、日頃から調理するときはレシピより少し少なめの調味料で味付けしたり、醤油や砂糖、塩などをたっぷり使い味付けするのではなく薬味を使ってアクセントをつけるように心がけています。

味付けを薄くしてから味覚が正常に戻り、食欲の爆発を抑えることができています。

野菜から食べる

こちらも昔からよく言われているのですが、野菜から食べることで満腹感が得られやすくなります。

ご飯やお肉などを先に食べると食欲が増し食べ過ぎてしまいます。

また野菜は食物繊維が多いので必然的によく噛むことになり時間もかけることができます。

そのため満腹中枢が働き食べ過ぎを防ぐことができるのです。


野菜を先にとることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれたりいいことづくめ!

ダイエットのストレスで食べたい欲が抑えられないときの対処法まとめ

耐え難い食欲に襲われた時に試す対処法は7つあります。

・水かお茶を飲む

・歯磨きをする

・香りが強いものを嗅ぐ

・トレーニングをする

・15分待つ

・お風呂に入る

・太った自分の写真を見るor目標としている芸能人の写真を見る

食べたいのに食べれないのは本当に辛いですよね。

これらを試すことにより、食欲が抑えられ気持ちを落ち着かせることができます。

また、日頃から食欲を爆発させないためにできることは

ゆっくりよく噛んで食事を味わって食べることや規則正しい生活を心がけることで
す。


意外とできていない人も多いよね。

まずは基礎からチャレンジしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる