生活

お弁当を作るのめんどくさい方必見!弁当作りの手間を減らす裏技【大公開】

毎日の弁当作りって結構めんどくさい・・手間も減らす方法はないのかな?

毎日の弁当作りは想像以上に大変です。

日々のことだから少しでも楽にしたいですよね。

そこで今回は毎日弁当生活を続けている私が実際にしている

毎日の弁当作りの手間を減らす裏技

をご紹介します。

今まで弁当作ろうと思っても結局めんどうで、続かなかった私でも1年以上この方法で続いています♪

本記事がおすすめな人
  • 毎日朝早く起きて弁当作りをするのがめんどくさい人
  • 朝弱すぎて起きれなくて結局弁当作りが続かない人

お弁当を作るのめんどくさい方は弁当ごと冷凍保存すべし

お弁当

お弁当を作るのがめんどくさい方はいっそのこと、作った弁当ごと冷凍保存しましょう。

こう聞くと次のように思う方もいるでしょう。

  • ご飯は冷凍くさくならないの?
  • 弁当箱ごと冷凍して味大丈夫?
  • 弁当箱壊れない?

結論としては弁当箱選びが非常に重要になります。

私が使っていたこちらの弁当箱であれば、冷凍OKなのでおすすめです。

ちなみに洗う手間も考えて2段ではなく1段タイプにしました。

あとは弁当箱はシンプルな同じ種類もので統一しました。

(収納もしやすいし、部品間違えることもなくて結構よいです(^^♪)

保存方法ですが、シンプルに弁当箱にごはんとおかず(冷凍可のおかずのみ)を詰めるのみ!

具は何でもいいですが私は結構割り切って冷凍食品(唐揚げとか揚げ物系とか)に頼ってます。

もちろんここも手作りすればコスト抑えられるのですが、あまり突き詰めても私の性格上

続かないので・・

あとは弁当持っていく前日に冷蔵庫へ移動して、翌日朝に2分ほどチンすればOKです!

最初ごはんがパサついたり、味が落ちたらどうしようかと不安でしたが通常時と変わらずおいしく食べられます!冷蔵庫や弁当箱種類にもよるかもですが。

これだと朝起きられない、朝毎日バタバタな方でも続くのでお勧めです。

それでは今後この方法をやってみたい(←いるかな・・?)という方へ改めて簡単に手順お伝えします。

 

弁当箱冷凍方法まとめ

準備段階)冷凍&電子レンジ対応可能な弁当箱を購入。

失敗防ぐために最初1個買って問題なければ複数個買う方法がおすすめ

①事前に弁当の具を準備しておく

②ごはんを炊く(多めに炊いて残りはラップで小分けに包んで冷凍がおすすめ)

③弁当箱にごはんをおかずを詰めていく

④冷凍庫へ押し込む

⑤使用前日に弁当を冷蔵庫へ移動

⑥使用当日に電子レンジで2分ほどチンして弁当準備完了

お弁当を作るのめんどくさい私が冷凍保存した感想

このやり方始めて2カ月くらいですが苦労なく、続いています。

コツは休みの日にやってしまうことですかね。仕事からかえってきてからだと結局めんどくなってしまうので。

あとは弁当が冷凍庫に残ってても空いた弁当箱分、休日に補充しています。

平日にストックなくなっても、仕事の日は時間取れない&やる気にならないので・・

月5000円~1万円は弁当毎日作っていくだけでコスト削減できるので大きいと思います。

お昼はどうしても外で食べたいんじゃー!という方は別として、

なんとなく昼作るのが面倒だった方はぜひ弁当箱ごとまとめて冷凍する方法試してみてください。

お弁当を作るのめんどくさい方必見!弁当作りの手間を減らす裏技まとめ

お弁当を作るのめんどくさい方はいっそのこと、作った弁当箱ごと冷凍しましょう♪

  • ご飯は冷凍くさくならないの?
  • 弁当箱ごと冷凍して味大丈夫?
  • 弁当箱壊れない?

このように考える方もいるでしょうが、冷凍OKな弁当箱を選べば問題ないです。

ご飯も冷凍くささなどは感じませんでした♪

どうしても気になる方は少量を弁当箱に入れて冷凍してみるといいですよ。

お弁当箱冷凍方法まとめ

準備段階)冷凍&電子レンジ対応可能な弁当箱を購入。

失敗防ぐために最初1個買って問題なければ複数個買う方法がおすすめ

①事前に弁当の具を準備しておく

②ごはんを炊く(多めに炊いて残りはラップで小分けに包んで冷凍がおすすめ)

③弁当箱にごはんをおかずを詰めていく

④冷凍庫へ押し込む

⑤使用前日に弁当を冷蔵庫へ移動

⑥使用当日に電子レンジで2分ほどチンして弁当準備完了

毎日弁当を持っていけばそれだけで一日500円×20日で10,000円近くお得になります。

毎回作るのはどうしても手間なのでお弁当作りがめんどくさい方はぜひこの弁当箱ごと冷凍保存を取り入れてみてください♪

 

 

 

 

楽天ROOMやってます♪