産後ダイエット

産後の着圧レギンスはいつから始めるのが正解?その効果も徹底解説!

本記事では着圧レギンスを実際に購入した私が、着圧レギンスをいつから始めるか、その効果についてを解説しています。

着圧レギンスは産後いつ頃から使用しても良いのかな?
着圧レギンス、産後いつから履いて良いのか気になりますよね。

そこで今回は着圧レギンスがいつから始めても大丈夫なのかとその効果についてをご紹介します。

■着圧レギンスは産後いつから始められる?
着圧レギンスは自然分娩だと産後1ヶ月ごろ

帝王切開だと産後2ヶ月頃から始められます。

着圧レギンスはメーカーによっては入荷後すぐに完売してしまうほどの人気です!始めようと思い立ったらすぐに購入することをお勧めします!

産後の着圧レギンスはいつから始める?

産後の着圧レギンスは一般的には産後6〜8週ごろからと言われています。

出産後の身体は自分でも気づかない間にかなりダメージを受けています。

この産褥期の期間は産前の身体に戻す大切な時期です。

体調が良いからと言って激しい運動をしたり、着圧レギンスで身体を締め付けたりすることはやめましょう。

産後すぐに元の体型に戻したくても無理は禁物!

産後、早く体型を戻したいところではありますが、この産褥期は骨盤が緩んでおり、この時期に無理をしてしまうと身体の回復が遅れたり、何年も経過した更年期の頃にまで響くと言われているのです。まずは赤ちゃんのお世話に専念してしっかり休むことを心がけましょう。

分娩方法によっても着圧スパッツの着用時期が異なるので、次で詳しく解説していきます。

自然分娩の場合

自然分娩の場合は産後1ヶ月ごろから履くことを推奨されています。

産後1ヶ月というのはあくまで目安で、産後は人それぞれ身体の回復の具合が違うので判断に困った場合はかかりつけ医に相談にてみましょう。

産後1ヶ月のころに検診があることが多いのでその際に相談してみるのも良いかもしれませんね。

早く始めれば良いというわけでは決してありませんので、ゆっくり焦らず自分の身体の回復具合に合わせて始めるようにしましょう。

まずはじっくり自分の身体が回復するのを待とう!

帝王切開の場合

帝王切開は産後2ヶ月ごろから着圧レギンスを使用可能です。

帝王切開は、無理に着圧レギンスを使用すると傷口が痛んだりすることもあります。

ひどい方は傷口が悪化することもありえますので必ず傷口が治ってきてから使用するようにしましょう。

帝王切開の場合は自分で判断するのではなくかかりつけ医に確認してからの使用の方が無難ですね。

最初は短い時間から始めてみて徐々に慣らしていくのも良いね!

着圧レギンスを履く際の注意点は?

着圧レギンスを履く際の注意点は2つあります。

・購入のタイミング

・サイズの選び方

この2つについて詳しく解説していきましょう。

購入のタイミングはいつが良い?

購入するのは、産後着圧レギンスを履き始めるタイミングがベストです!

出産前や産後はかなり大きな体型の変化があるため、購入に適切な時期ではありません。

着圧レギンスは、大きすぎても着圧効果がなくなりますし小さすぎると、苦しくて履けないなんてことにもなりかねません。

ジャストサイズを選びたいので必ず今から始めたいと思った時にサイズを測ってからの購入をおすすめします。

また、着圧レギンスはサイズも変わったり長期間使用していると、着圧効果なども薄れていくため定期的にサイズを測って買い替えしたほうが着圧効果を保って使うことができます。

ただし、人気の着圧レギンスなどは数ヶ月先まで売り切れている商品も中にはありますのであまりギリギリに買うのも注意が必要です。

サイズの選び方のコツ

サイズの選び方はジャストサイズを選ぶことです。

大きいものを選ぶとせっかく加圧をかけるために購入しているのにその効果を得ることができないのです。

また、なんとなく小さい方が加圧される気がして小さめを買う方がいますが、小さすぎると継続して履くことが難しいほか、健康被害まで出てしまう可能性もありますので必ずご自身でサイズをきちんと測り、ジャストサイズを買うようにしてください。

ポイントとなるのは

・ウエスト

・ヒップ

です。

ではここで、測り方のコツをご紹介します。

・ウエストは、息をふぅーっと深く吐ききった状態でお腹の一番薄くなっている部分に水平にメジャーでサイズを測ります。ウエストの一番くびれている部分を測るのでちょうどおへその上あたりです。

・ヒップは鏡をみながら横に立ち、一番出っ張っている部分を測ります。この際にメジャーが斜めになっているとサイズが変わりますので必ず水平になっているか確認してください

鏡を見ながらチェックするか、家族などに採寸してもらうのも良いでしょう。

大切なのはきちんとサイズを測ることですので、これぐらいかな?という感覚で測らないようにしましょう。

産後の骨盤矯正が必要な理由

産後骨盤矯正が必要な理由はたくさんありますが、ここでは

・体型が戻らない

・身体の各所の痛みやこり

・むくみや冷えからくる不妊

・尿漏れ

の4点についてお話ししていきます。

私自身、出産前は産後の骨盤矯正なんてしなくても大丈夫だろう、という安易な考えを持っていましたが、産後は予想外に身体がぼろぼろになりました。

なかなか戻らない体型にも心が折れそうになり、骨盤矯正の必要性を痛感しました。

鏡を見る度にため息ばかりついていたな〜

私が感じた骨盤矯正の必要性と着圧レギンスの効果について詳しくお話ししますね。

体型が戻らない。

産後は赤ちゃんが出てきて、母乳育児をしていたら自然に痩せるだろうと信じていましたが、体重は落ちても妊娠前のジーンズが入りませんでした。

腰あたりまでは余裕で入るのですが腰のあたりでどうしても止まってしまいます。

また、骨盤をそのまま矯正せずに歪んだままにいておくと、胃や腸などの内臓が下腹部に下垂してくる為下腹ぽっこりになります

出産したのに、あれ?妊娠中?なんて聞かれて悔しい思いをしたよ!

着圧レギンスを履き正しく骨盤矯正をすることにより骨盤の歪みが取れ内臓が正しい位置に戻ったので下腹がスッキリ。

他にも、正しい位置に内臓が戻ることで基礎代謝が上がるので痩せやすくなり、産後しばらく停滞していた体重も妊娠前の体重まで戻すことに成功しました。

骨盤の歪みも解消されるので、腰で止まっていたジーンズも楽々入るようになり、体型を戻すのに着圧レギンスはかなり重宝しました。

産前のジーンズが入った時は感動だったよ!

また、着圧レギンスを履いていると、ぽっこりお腹やむちむちの太ももも、加圧でスッキリさせてくれるので周りの友人からも痩せた?と聞かれるようになったのです。

身体の各所の痛みやこり。

産後は、想像をはるかに超える痛みとの戦いでした。

まず、歩くのも骨盤のズレを感じるようなカクンカクンしたような歩き方でした。

庇うような歩き方をしていたため、身体のあちこちが痛い。

その上赤ちゃんのお世話で抱っこに授乳なども重なってどんどん猫背に。

産後はなかなか自分をケアしてする時間もないよね!

骨盤が開いていきこれはダメだと感じて着圧スパッツの購入を決意しました。

着圧レギンスで骨盤が正しい位置に戻ると痛みはかなり改善されました。

姿勢がよくなったので妊娠前から万年悩まされてきた、肩こり首こりなどもマシになってきて定期的に通っていたマッサージの頻度も減りました。

着圧レギンスは少々お値段がしますが、マッサージや整体などの頻度が減ったので結果的にはリーズナブルだったかなと思っています。

むくみや冷えからくる不妊

産後骨盤矯正をすることにより、血流の流れが良くなり冷え性が改善されます。

私も平熱が35℃台だったのですが、骨盤矯正をしてから36℃台になりました。

末端冷え性がひどく指先などがジンジンするほどだったのですが、最近は指先の冷えなどは感じていません。

また骨盤が歪んでいることで血流が悪いと足の方からの血液の流れが悪くなるため結果的にむくみにつながるのです。

女性の大半は冷え性ですよね!

冷えやむくみは妊活の大敵!とか女の子は冷やさないように、身体を温めるようにって小さい頃から言われますよね?

確かに子宮や卵巣は特に冷えやすく、着床しにくかったり機能が低下してしまいます。

2人目、3人目と考える人こそ着圧レギンスで骨盤矯正をし、お腹周りを温めることが大事です。

尿漏れ

妊娠してお腹が大きくなってきた頃からほとんどの妊婦さんが悩まされている尿漏れ。

出産したからといって自然と改善されるわけではないのです。

原因は骨盤の歪みや膣の緩みから骨盤底筋群の筋力が弱っているからです。

骨盤を閉めないと尿漏れは改善しません。

私は着圧レギンスを使い始めてから、正しい位置に骨盤が戻るとくしゃみをしても尿漏れを感じなくなりました。

あまり人に言えない悩みですが、若い女性でも尿もれに悩んでいる方も多いそうです。

こっそり着圧レギンスで骨盤を整え、治していきましょう。

実際に着圧レギンスを履いた方の良い口コミを紹介!

では実際に履いてみた方の口コミを何点かご紹介しましょう。

まずは良い口コミから。

口コミから読み取れる良い点は

・むくみが取れる

・履いて運動したら消費カロリーがUPする

・加圧が程よく、足も細くなる。

などがあげられています。それぞれ解説していきましょう。

むくみが取れる

これは着圧レギンスの効果で一番効果を実感する部分です。妊娠中から血液の流れが悪くなり、夜中にこむら返りが起きたりしますよね。

こむら返りや足がつったりする原因は足の血流が悪くなるからと言われています。

血流が悪いと冷えや、むくみの原因になります。

この血流の悪さを改善するため着圧レギンスで適度に圧をかけることで血流の流れを良くし、翌日のむくみがスッキリします。

着圧レギンスを履き始めてから足が軽い!

一日動いた脚の疲れやだるい時なども着圧レギンスが血流の流れを良くしてくれるため、寝る前だけではなく日中も着圧レギンスを活用することでむくみを改善してくれるのです。

履いて運動をすると消費カロリーがUPする。

これは一部の着圧レギンスのみの効果になりますが、履くだけで代謝が上がったり、下半身自体の血流の流れがよくなる効果が報告されています。

また、履いて歩くだけで適度な負荷が足にかかり、消費カロリーUPするレギンスなども実際販売されています。

どうせ運動するなら、消費カロリーをあげてダイエットの効果を実感したいですよね。

色々な種類の着圧レギンスが販売されているので、今の自分自身に合う着圧レギンスを

見つけてみよう。

加圧が程よく、足も細くなる

これは細くなる、というより細く見える。と言った方が正しいかもしれません。

むくみが取れて細くなった、ということでしょう。

ですが、着圧レギンスは実際はくと、実際の自分の足よりもスリムに見える。

足が長く見える。などの効果もあります。

最近は寝る前だけではなく日中も履けるようなデザインのものもたくさんあるので日中にも履いてスリムな足を手に入れましょう。

実際に着圧レギンスを履いた方の惜しい口コミを紹介!

続いて惜しい口コミはこちらです。

 

・締め付けがなく着圧効果が感じられない。

・履くまでが大変。(入らない)

などです。一つずつ解説していきましょう。

締め付けがなく着圧効果が感じられない。

これはサイズの問題が大きいかと思います。

きちんとサイズを測らずに購入してしまうと自身のサイズより大きいものを選んでしまい、着圧効果を感じられなくなります

適度な締め付けを実感するためにはジャストサイズを購入しましょう

履くまでが大変。(入らない)

これもサイズの可能性がある口コミですね。

ただ、着圧レギンスは締め付けて加圧をかけ骨盤の位置を戻したりするので普通のタイツよりかなりキツく感じると思います。

私も最初は、履くまで時間がかかっていましたが、ふくらはぎから太もも、ヒップ、お腹へ…と時間をかけてゆっくり履いていきました。

何度も履いていると慣れてきてそこまで時間がかからないようになりました。

慣れるまでは少し大変ですが、継続して使ってみましょう。

着圧レギンスの効果が出るのはいつから?

着圧レギンスの効果が感じられるのは人それぞれです。

個人差はあるものの履いた次の日から効果を実感される方も多いようです。

夜寝る前に、着圧レギンスを履いて翌日には足のむくみがすっきりしているといった感じです。

骨盤の歪みなどはすぐに効果が出るのではなく使い始めてから2・3ヶ月位かかる方もいます。焦らずじっくり骨盤を元の位置に戻していきましょう。

また、継続が大切なので毎日履き続けることをルーティンとしていきましょう。

産後の着圧レギンスはいつから始める?その効果も徹底紹介まとめ

産後の着圧レギンスは

自然分娩の場合⇨産後1ヶ月頃から

帝王切開の場合⇨産後2ヶ月頃

スタートできると言われています。

ただしこれはあくまで目安で、自分の身体の回復具合を見ながら必要であればかかりつけ医に相談しましょう。

着圧レギンスを履く際の注意点は2点あります。

・購入のタイミング

・サイズの選び方

の2点です。

購入のタイミングは、スタートし始めるタイミングできちんとサイズを測ってから。

早すぎても遅すぎてもいけません。

またサイズの選び方はジャストサイズを選びましょう。

効果が出てくるのは個人差はありますが、むくみの解消は履いた翌日から。

骨盤の矯正は2〜3ヶ月頃から効果が表れてきます。

むくみに関しては少し時間がかかるのですが、継続して履き続けることによって効果が表れてくるので毎日履き続けていきましょう。

自分の身体と相談しながら無理なく継続しよう!

楽天ROOMやってます♪