ママライフ

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫?どんな効果があるの?便秘にも効く?

本記事ではサジーを実際に購入した私が、サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、どんな効果があるのかを解説しています。

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

どんな効果があるのかな?妊娠中気になる便秘にも効く?

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、どんな効果があるのか気になりますよね

そこで今回はサジーは妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、どんな効果があるのかをご紹介します。

■サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫?
サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫です!

■どんな効果があるの?

貧血便秘解消など、様々な効果が期待できます!

\ サジーで健康的な生活を /

△購入は公式サイトが安心・安全△

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫です。

その理由として、サジーは天然由来の栄養機能食品であり、医薬品ではないからです。

サジーとは、ユーラシア大陸に自生するグミ科の植物です。

小さな果実に200種類以上の栄養素を詰め込んだ「スーパーフルーツ」と呼ばれています。

サジーは栄養たっぷりな食品だから、妊娠中も産後も摂り続けて大丈夫なんだね!

モンゴルや中国・インドなどでは古くから栄養価・生命力の高さに着目し、

・食用

・民間伝承薬

・スキンケア

などに用いられています。

美容や健康管理に用いられる食品なので、安全性も高いと言えるでしょう。

日本では、

・サジージュース

・サジーサプリメント

などの商品で、オンライン市場を中心に販売されています。

サジーの購入を検討するなら、インターネット上のサイトで探すと良いんだね!

200種類以上の栄養をバランス良く摂取できるサジーは、お腹の赤ちゃんのために栄養をしっかり摂りたい妊娠中の強い味方です。

サジーは妊娠中に飲んでも問題ありません。

栄養価たっぷりの食品なので、妊娠中だけでなく産後も続けて、栄養を摂取しましょう!

妊娠中に飲んで栄養素の過剰摂取になる恐れは?

結論として、サジーを妊娠中に飲んで栄養素の過剰摂取になる恐れはありません

サジーは200種類以上の栄養素をバランス良く含む食品であり、サジーを飲んで特定の成分だけ多量に摂取するということは考えられないからです。

ただ、デリケートな妊娠期はお腹の赤ちゃんへの影響や母体への影響を考え、より安心して食品を口にしたいですよね。

ここでは、妊娠中の方が気にしがちな以下の2つの栄養素について、過剰摂取にならないか説明します。

妊娠中に過剰摂取が気になる2つの栄養素

・鉄分

・ビタミンA

次から詳しく見ていきましょう。

鉄分の過剰摂取?

サジーを飲んで、鉄分の過剰摂取になることはありません

不足すると貧血の原因になる鉄分。

妊娠中の方は特に気を配りたい栄養素だよね

ただ、鉄分は過剰摂取しても以下のような悪影響を身体に与えます。

・便秘

・吐き気、下痢、嘔吐などの胃腸症状

・鉄沈着

ですが、サジーを飲んでも鉄分の過剰摂取にはなりません。

成人女性の場合、鉄分の1日の上限摂取量は40g~55mgです。

この上限量は、サジーを1日の目安量の20倍くらいの量を飲まないと超えることはありません。

ビタミンAの過剰摂取?

サジーを飲んで、ビタミンAの過剰摂取になることはありません

ビタミンAは、皮膚や目を健康に保つために必要な栄養素です。

一方で、妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると、

・お腹の赤ちゃんの奇形発生リスク

・流産のリスク

が高まる恐れがあると言われています。

ですが、過剰摂取に注意が必要なのは、動物性食品に含まれる脂溶性ビタミンです。

「妊娠中にレバーの食べ過ぎは良くない」と言われるのは、このためなんだね 

サジーに含まれるビタミンAは、1日の上限摂取量の1/100くらいの量しか含まれていません。

サジーに多く含まれているビタミンAは、β‐カロテンというプロビタミンAです。

β-カロテンは、体内でビタミンAが不足していると、不足分だけビタミンAに変わります。

体内に必要な分だけビタミンAに変換し、残りは排出されるため、過剰摂取になることはありません。

β-カロテンは体内のビタミンAの量を調整してくれるんだね!

サジーを飲んでも、鉄分・ビタミンAの過剰摂取になることはありません。

サジーは豊富な栄養素をバランス良く含んだ安全性の高い食品なので、妊娠中の栄養補給のためにも積極的に飲みたいですね。

妊娠中に飲むなら「豊潤サジー」がおすすめ

数あるサジージュースの中で、妊娠中に飲むなら「豊潤サジー」がおすすめです。

サジーには、

・鉄分

・ビタミン

・ミネラル

・アミノ酸

・ポリフェノール

・食物繊維

などをはじめとする天然栄養素が200種類以上含まれています。

「豊潤サジー」には、6種類12亜種あるサジーの中でも特に栄養価が高く希少な「ビコアサジー」が使用されています。

果皮まで丸ごとピューレ状にすることで、ビコアサジーの高い栄養価を余すことなく濃厚なサジージュースとなっています。

・鉄分

・葉酸

・カルシウム

・食物繊維

など、妊娠中にしっかり摂りたい栄養素も含まれるので、妊娠中の栄養補給にぴったりです。

妊娠中に必要な栄養素が、ひとくちでバランス良く摂取できる手軽さが助かるね!

また、「豊潤サジー」は100%自然原料で作られています。

・オーガニック認証を取得したサジーのみ使用

・カフェインゼロ

・化学合成添加物不使用

・残留農薬検査、放射能検査実施済み

など、安心して飲めるよう品質管理を徹底しています。

人工的なサプリメントよりも、100%自然原料で作られた「豊潤サジー」の方が、妊娠中でも安心して飲めるね♪

さらに「豊潤サジー」は、1日分の目安30ml当たりのカロリーは、たったの20キロカロリーです。

低カロリーなので、体重増加が気になる妊娠中でもカロリーを気にせず毎日続けやすいね!

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、より安全性が高く効率的なもので栄養補給したいですよね。

「豊潤サジー」は栄養価が高いうえに栄養バランスも良く、妊娠中でも安心して飲めるジュースです。

どのサジージュースが良いか迷っている方は、ぜひ一度「豊潤サジー」を試してみてくださいね!

\ サジーで健康的な生活を /

△購入は公式サイトが安心・安全△

妊娠中にサジーを飲むと期待できる5つの効果

具体的にサジーを飲むとどのような効果があるのか気になりますよね。

妊娠中にサジーを飲むと期待できる効果は、主に以下の5つです。

妊娠中に期待できるサジーの5つの効果

・便秘解消

・妊娠高血圧症候群予防

・肌荒れ対策

・免疫力アップ

・貧血予防

次から詳しく説明していきます。

便秘解消

サジーを飲むと、便秘が解消する期待ができます。

サジーに含まれるビタミンCやリンゴ酸に排便を助ける作用があるためです。

妊娠中に便秘に悩まされる方は多いですよね。

・女性ホルモンの一つ・黄体ホルモン分泌の増加により、腸の動きが鈍くなる

・運動不足

・大きくなった子宮が腸を圧迫する

といった理由で、妊娠中は便秘になりやすいです。

サジーには、

・レモンジュース約10.1倍のビタミンC

・100%りんごジュースの約7.1倍のリンゴ酸

が含まれています。

他の果物と比べても、サジーの栄養素の量は素晴らしいね!

ビタミンCには、腸内環境を整え速やかな排便を手助けする作用があります。

一方、リンゴ酸の働きにより、腸の活動が活発になり排便がスムーズになる期待もできます。

また、サジーは食物繊維やポリフェノールも含むので、便秘に役立つ成分がたっぷりです。

単純にサジーを飲んで、1日の水分摂取量が増えることも便秘解消に繋がっているのかもしれないね!

妊娠高血圧症候群予防

サジーは、妊娠高血圧症候群予防にも効果的です。

その理由として、サジーに含まれるカリウムやフラボノイドが血圧を下げる働きをする期待ができるからです。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に血圧が上昇し高血圧の状態が続く症状です。

重症化すると、以下のような悪影響を母体やお腹の赤ちゃんに与えてしまいます。

・手足の酷いむくみ

・脳出血

・赤ちゃんの発育不全

・赤ちゃんに酸素が届かない

妊娠高血圧症候群を確実に予防する方法は見つかっていませんが、血圧を下げるための方法の一つに塩分コントロールがあります。

サジーに含まれるカリウムには、ナトリウムを体外へ排出しやすくする作用があり、塩分の摂取を調整してくれます。

妊娠中は食事で塩分の摂取量を調整することも大切だけど、サジーも頼りになるね!

一方フラボノイドとは、ポリフェノールの一種である栄養素です。

サジーには、

・アントシアニン

・ケルセチン

・ルチン

などのフラボノイドが豊富に含まれています。

このフラボノイドには、血液をサラサラにする作用があり、血圧を下げてくれる期待ができます。

フラボノイドは、妊娠中~産後に気になる疲れ目にも効く栄養素だよ♪

サジーには高血圧改善効果の期待ができる成分が含まれています。

そのため、妊娠中に気になる妊娠高血圧症候群の予防にも効果的だと言えるでしょう。

肌荒れ対策

サジーは、肌荒れ対策にも役に立ちます。

サジーに含まれるアミノ酸やビタミン類などの作用により、肌の調子が整う期待ができるからです。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、皮脂バランスが崩れる場合があります。

人によっては肌の調子が悪くなったり、肌荒れを起こしてしまう方もいるよね

肌の調子に合わせてスキンケアを変えるほかに、美容成分を意識して摂取することも大切です。

サジーには、

・コラーゲン生成をサポートする19種類のアミノ酸

・シミ、そばかすを防ぐビタミンC

・肌のターンオーバーを促すビタミンE

・肌のキメを整え、シミ、しわ、たるみを防ぐβ-カロテン

など、肌に嬉しい美容成分がたっぷり含まれています。

毎日のスキンケアに加え、サジーを飲んで美容成分を体内にしっかり吸収させることで、妊娠中の肌荒れ対策に繋げていきましょう。

免疫力アップ

サジーを飲むと、免疫力がアップする効果も期待できます。

その理由として、免疫を高めるビタミン類ミネラル類の栄養素をバランス良く摂取することができるためです。

また、サジーが免疫を高める抗酸化成分をたっぷり含んでいることも挙げられます。

サジーには免疫を高めてくれる栄養素が豊富なんだね!

妊娠すると一時的に免疫力が低下します。

これは、身体が赤ちゃんを異物だと認識し排除しようとするのを防ぐためです。

妊娠中は風邪で体調が悪化しても、服用できる薬が限られるのも困るよね

免疫力が低下する妊娠中でも、細菌やウイルスに負けない身体をつくるために、少しでも免疫力をアップさせたいですよね。

サジーには、免疫力アップを助けてくれる栄養素が豊富に含まれています。

【サジーに含まれる免疫力アップを助けてくれる栄養素(一例)】

ビタミン類ミネラル類
β-カロテン(ビタミンA)
ビタミンC亜鉛
ビタミンEマグネシウム

これらの栄養素は、

・体内への細菌やウイルスの侵入を防ぐ

・体内に入った細菌やウイルスを排除する、増殖を防ぐ

・免疫細胞を活性化させる

といった働きをするため、免疫力を高める効果が期待できます。

さらに、免疫力を高めるためには体内の活性酸素を取り除く必要があります。

【活性酸素とは?】

体内に入った酸素のうち、エネルギーとして使われずに変化した毒性のある酸素

活性酸素が過剰に増えると、免疫力の低下を招く

この活性酸素を取り除く働きをしてくれるのが、抗酸化成分です。

サジーには、

・ビタミン類

・リコピン

・アントシアニン

・ケルセチン

などの抗酸化成分がトマトの約20倍含まれています。

お腹の赤ちゃんを守るためにも、妊娠中低下してしまう免疫力の対策をしっかりしましょう。

サジーであれば、手軽に無理なく続けやすいですね。

貧血予防

サジーを飲むと、貧血予防効果もあります。

サジーには、プルーンジュースの約22.7倍の鉄分が含まれています。

たっぷり含まれる鉄分のおかげで、貧血予防のための鉄分補給ができるんだね! 

女性の身体にとって特に重要な鉄分。

さらに妊娠中は、赤ちゃんに栄養や酸素を送るために普段の約1.5倍の血液量が必要になります。

妊娠中に貧血になるとママが体調不良になるだけでなく、

・赤ちゃんの発育不良を招く

・早産に繋がる

といった赤ちゃんへの悪影響も懸念されます。

鉄分は汗や尿と一緒に毎日排出されてしまうため、毎日継続的に補給したいですね。

ひとくちでたっぷりの鉄分を補えるサジーは、妊娠中の貧血予防にぴったり!

また鉄分は、吸収を助けてくれる

・ビタミンC

・リンゴ酸

と一緒に摂取すると効率良く体内に吸収することができます。

サジーにはビタミンCもリンゴ酸もたっぷり含まれているので、鉄分の吸収力をアップさせることが可能です。

食事から妊娠中に必要な栄養素を摂取しようとすると、栄養素が偏らないように全体のバランスを考えるのが大変でしょう。

サジーは200種類以上の栄養素がバランス良く含まれているので、偏ることなく妊娠中に必要な栄養をしっかり摂ることができますね!

サジーを妊娠中に飲む際に気をつけたい飲み方

サジーは妊娠中でも安心して飲める食品です。

副作用はなく、サジーを飲んで健康を害したといった症例もありません。

ですが、妊娠中はデリケートな時期なので、場合によっては注意してサジーを飲む必要があります。

ここでは、サジーを妊娠中に飲む際に気をつけたい飲み方を2つ紹介します。

妊娠中気をつけたいサジーの飲み方

・胃腸が弱っているときは、薄めて飲む

・薬を服用中の方、食品アレルギーのある方は事前に医師に確認を

詳しく見ていきましょう。

胃腸が弱っている時は、薄めて飲む

胃腸が弱っている時は、サジーを薄めて飲みましょう

サジーにはリンゴ酸が豊富に含まれているため、原液で飲むとかなり酸味が強いです。

胃腸が正常であれば、リンゴ酸は胃腸の働きを活発にする作用がありますが、胃腸が弱っている時は酸味が胃腸の負担になる可能性があります。

・水やジュースで割る

・他の食品にかける

など、原液のまま飲まず、薄めて飲むのがおすすめです。

また、妊娠中はホルモンバランスの変化により、味覚が変化する場合があります。

特につわりの時は、匂いや味に敏感になるよね

サジーを飲む際は

・少量から試してみる

・無理して飲まない

といったことにも注意しましょう。

サジーには独特な酸味の強さがあるため、胃腸が弱っている時は薄めて飲みましょう。

妊娠中の味覚の変化にも注意して飲むようにしましょうね。

薬を服用中の方、食品アレルギーがある方は事前に医師に確認を

薬を服用中の方、食品アレルギーがある方はサジーを飲む前に医師に確認しましょう。

薬には他の食べ物・飲み物との飲み合わせによる相性があります。

酸味の強い食品とは飲み合わせの良くない薬もあるため、酸味の強いサジーと薬を併用して良いか確認した方が良いでしょう。

たとえば、グレープフルーツジュースと合わせて飲まない方が良いと言われる薬は注意が必要だよ

また、妊娠中で食品アレルギーがある方も、サジーを飲む前に医師に確認した方が安心です。

サジーはアレルギーを引き起こすアレルゲンに該当しません。

一般的には、食品アレルギーがある方でもサジーを飲んでも問題ないよ

ただ妊娠中は万全を期した方が良いため、念のため医師に事前確認しておくのがおすすめです。

サジーは妊娠中でも安心して飲めます。

ですが、上記に当てはまる場合は、ママの身体や赤ちゃんのためにも注意して飲むようにしましょう。

サジーの美味しい飲み方とは?お気に入りを見つけて毎日続けよう!

最後に、サジーの美味しい飲み方を紹介します。

毎日継続してサジーを飲み、妊娠中に必要な栄養を摂取できるよう、お気に入りの飲み方を見つけましょう!

別の飲み物で割る

サジーを別の飲み物で割ると、サジーの独特な味わいが薄まり飲みやすくなります

サジーは原液で飲むことができます。

ただ、サジーは酸味が強く濃厚なので、独特な味わいだと感じる方もいるかもしれないね

原液で飲むのが難しいと感じた場合は、別の飲み物で割ると手軽にマイルドな味わいに変化させられます。

・水

・炭酸水

・オレンジやリンゴジュース

・野菜ジュース

・豆乳や牛乳

・カルピス

などの飲み物はサジーの味と相性が良く、酸味をマイルドに、濃厚さをスッキリと変化させてくれます。

別の食品にかける

サジーの原液を別の食品にかけると、サジーの酸味が程良いアクセントになります

・バニラアイスクリーム

・加糖タイプのヨーグルト

といった食品にかけるのがおすすめです。

バニラアイスクリームにかけると、アイスの甘さの中でサジーの酸味がアクセントになります。

一方、加糖タイプのヨーグルトにかけると、サジーの酸味がマイルドになるうえにサジーの甘みが引き立ちます

飲むヨーグルトのようになるので、ゴクゴクと飲みやすそう!

ヨーグルトとサジーの相乗効果で、便秘解消にもより一層効果がありそうですね。

甘味をプラス

サジーに甘味をプラスすると、独特の味わいがマイルドになり飲みやすくなります。

・はちみつ

・砂糖

・オリゴ糖

などの甘味をお好みでプラスしてみましょう。

優しい甘みが増すことで、強い酸味を感じることなく飲めるでしょう。

サジーは様々な食品・飲み物と合わせられます。

お気に入りの飲み方を複数見つけられれば、飽きることなく毎日続けやすいね♪

ぜひ、様々な飲み方を試し、お気に入りを見つけてくださいね!

まとめ:サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫!貧血・便秘解消も期待できる!

サジーは妊娠中に飲んでも大丈夫です。

妊娠中に必要な栄養素をたっぷり含むサジーは、妊娠中の栄養補給の強い味方です。

妊娠中に気になる貧血や便秘解消効果も期待できます。

ママの健康、お腹の赤ちゃんの健康のためにも、サジーを飲んで効率良く栄養を摂取しましょう!

\ サジーで健康的な生活を /

△購入は公式サイトが安心・安全△

\累計販売台数1600万本突破/


△”無料”で有名クレンジングGET△
楽天ROOMやってます♪