ダイエット

レクレアは妊娠中、授乳中に飲んでも問題ないの?

本記事ではレクレアを実際に購入した私が、レクレアは妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのかを解説しています。

レクレアは気軽に生の酵素が摂取できると話題だけど、妊娠中や授乳中でも飲めるのかな?
赤ちゃんのために口に入れるものに気を配る妊娠中や授乳中でも、レクレアを飲めるのか気になりますよね

そこで今回はレクレアは妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのかをご紹介します。

■レクレアは妊娠中、授乳中に飲んでも問題ないの?
妊娠中、授乳中に飲んでも問題ありません!
※ただし、事前に医師に確認してから飲むのが安心です!

今ならクレカ決済で初回価格500円で購入することができます!
※さらに本記事からの購入なら”縛りなし”でゲット!

大変人気で売り切れる可能性がありますので購入するならお早めに。

\ 今ならクレカ決済で初回500円! /

△購入は公式サイトが安心・安全△

レクレアは妊娠中や授乳期に飲んでも大丈夫?

レクレアは妊娠中や授乳期に飲んでも問題ありません

その理由として、レクレアは国産大豆や玄米から作られた麹菌由来の健康食品であり、医薬品ではないからです。

ただし、デリケートな妊娠中・授乳期は、事前に医師に確認してから飲むのがおすすめです。

順に詳しく説明します。

妊娠中は?

レクレアは妊娠中の方も飲むことができます

レクレアは、日本人の身体に合うよう開発された麴菌由来の生酵素サプリです。

あらゆる生命活動と密接に関わる酵素は、生きていくうえで無くてはならないものと言われています。

お腹の中で新たな命を育む妊娠中においても、酵素は必要不可欠な存在です。

お腹の中の赤ちゃんに栄養を届けるのにももちろん、酵素が必要だよ!

熱に弱い酵素を最新のバイオテクノロジーで生きたまま閉じ込めたレクレアは、生の酵素をダイレクトに体内に摂り入れることができます。

お腹の中の赤ちゃんの成長のためにも、元気な赤ちゃんを産める身体作りのためにも、妊娠中は特に意識して健康的な身体を維持したいですよね。

レクレアは腸内環境改善をはじめとし、健康や美容をサポートする成分が詰まっています。

運動不足になりがちな妊娠中の、美容サポートや健康維持のためにもおすすめ!

ただし、妊娠中はママが食べたものがお腹の赤ちゃんの成長に大きく関わるため、口に入れるものには十分注意をしたいですよね。

レクレアは健康食品なので普通の食品と変わりなく摂取して問題ありませんが、事前に医師に確認をするとより安心です。

公式サイトでも、医師に相談したうえで摂取することを薦めています。

Q 妊娠中でも飲めますか?

A 医薬品ではないので、普段の食事と同じように使用していただいて構いません。
ただし、かかりつけの医師にご相談のうえ、召し上がっていただくことをお勧め致します。

引用元:レクレア公式サイト

レクレアは妊娠中に飲んでも大丈夫です。

ただデリケートな妊娠中は、事前に医師に確認をとったうえで摂取しましょう。

授乳期は?

レクレアは授乳期の方も飲むことができます

身体の原動力として重要な酵素は、赤ちゃんの食事となる母乳を作る授乳期においても必要不可欠です。

酵素は母乳にも含まれており、赤ちゃんの消化や免疫機能などをサポートする役割を担っています。

ホルモンバランスを整える働きもあるため、不安定になりがちな授乳期のホルモンバランスをサポートしてくれます。

良質な母乳を作るためにも、産後の身体を整えるためにも酵素を補いたいね

ですが、酵素は30代を機に年齢を重ねるごとに減少していきます。

毎日継続してレクレアを摂取することで、ママの健康も赤ちゃんの健康も守っていきたいですね。

レクレアの代謝アップ効果で母乳の出が良くなることも期待できます。

個包装のスティックタイプでサッと飲めるレクレアは、赤ちゃんのお世話で忙しい授乳期でも気軽に続けやすいよ!

ただし、母乳のために妊娠中と同じく口に入れるものに気を配る授乳期も、事前に医師に確認をするとより安心して摂取できます。

公式サイトでも、妊娠中と同様医師に相談したうえで摂取することを薦めています。

Q 授乳中ですが、飲んでも大丈夫ですか?

A レクレアは医薬品ではないので、普段のお食事と同じようにご使用いただけます。
ただし、かかりつけのお医者様にご相談の上、召し上がっていただくことをお勧めいたします。

引用元:レクレア公式サイト

レクレアは授乳期に飲んでも問題ありません。

万全を期して、事前に医師に確認をとったうえで摂取してくださいね。

\ レクレアでイキイキとした毎日を /

△購入は公式サイトが安心・安全△

妊娠中、授乳期にレクレアを飲むと期待できる3つの効果

具体的にレクレアを飲むとどのような効果があるのか気になりますよね。

妊娠中、授乳期にレクレアを飲むと期待できる効果は、主に以下の3つです。

レクレアを飲むと期待できる3つの効果

・便秘改善

・太り過ぎ予防

・免疫力アップ

次から順に説明していきますね。

便秘改善

レクレアを飲むと、便秘改善効果が期待できます。

レクレアに含まれる

・難消化性デキストリン

・イソマルトオリゴ糖

に、腸内環境を整え速やかな排便を手助けする作用があるためです。

妊娠中や授乳中は便秘に悩まされる方も多いですよね。

妊娠中は、

・ホルモンバランスの変化により、腸の動きが鈍くなる

・運動不足

・大きくなった子宮が腸を圧迫する

といった理由で、便秘になりやすいです。

一方授乳中は、

・体内の水分バランスの変化による水分不足

・出産時の傷に対する不安

・育児ストレスやホルモンバランスの変化による自律神経の乱れ

といった理由で、便秘になる方が多いです。

普段はお腹の調子が良い方も、妊娠・出産を機に体質が変わってしまうこともあるよね…

レクレアには、

・麴菌由来のオリジナル生酵素「スマートエンザイム」

・食物繊維の一種である難消化性デキストリン

・オリゴ糖の一種であるイソマルトオリゴ糖

が含まれています。

これらの成分の相乗効果により、腸内環境を良好に整え、便通を良くする期待ができます。

妊娠中や授乳中は、頑固な便秘に悩まされても市販の便秘薬には頼りたくないと考える方も多いでしょう。

レクレアは医薬品ではなく健康食品なので安心して飲めるうえに、毎日のスッキリをサポートしてくれるよ! 

妊娠中や授乳中でも排便リズムを整え、不要なものを体内に溜め込みにくい身体を目指しましょう。

太り過ぎ予防

レクレアは、太り過ぎ予防にも効果的です。

その理由として、レクレアに含まれる

・L‐カルニチン

・ブラックペッパー

の作用により、脂肪が燃焼されやすく太りにくい身体になる期待ができるためです。

妊娠中に体重が増えるのは当たり前ですが、太り過ぎてしまうと

・妊娠高血圧症候群になりやすい

・難産になる可能性がある

といったリスクがあります。

妊娠中に太り過ぎてしまうと、産後のダイエットも大変だよね…

産後も「授乳で痩せるから」と過信しすぎて食べ過ぎてしまうと、なかなか妊娠前の体型に戻れなくなってしまいます。

レクレアに含まれるL-カルニチンとはアミノ酸の一種で、食事により体内に入った脂肪を燃焼させ、エネルギーに換えることで基礎代謝を上げる効果があります。

一方ブラックペッパーには、脂肪燃焼や消化をサポートする作用があります。

血流が良くなるから、冷え性改善や母乳の出が良くなる効果も期待できるよ!

妊娠中・授乳中はお腹の赤ちゃんや母乳のために、過剰な食事制限はNGです。

適度な運動をとり入れたくても、身体が思うように動かなかったり、赤ちゃんのお世話で十分な時間がとれなかったりするでしょう。

レクレアであれば、老廃物や余分な糖・脂質を体内に溜め込むことなく便と一緒に排出しやすくするため、太り過ぎ予防に効果的です。

自分の好きなタイミングで飲めるのも嬉しいポイントだよね♪ 

免疫力アップ

レクレアを飲むと、免疫力がアップする効果も期待できます。

その理由として、免疫力を高める酵素やミネラル類を摂取することができるためです。

また、レクレアにより腸内環境が整うことも免疫力アップに繋がります。

美味しく飲みながら、免疫力もアップできたら嬉しい!

妊娠中は、身体が赤ちゃんを異物と認識して排除しようとするのを防ぐために一時的に免疫力が低下します。

ですが、免疫力が低下しすぎると

・普通の風邪であっても重症化しやすくなる

・お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす感染症にかかってしまう

といった恐れがあります。

一方授乳中は、

・ホルモンバランスの乱れ

・育児ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ

・貧血

といった理由で、免疫力が低下しやすいです。

妊娠中や授乳中は風邪で体調が悪化しても、服用できる薬が限られているので困るよね…

レクレアに含まれる

・酵素

・亜鉛やマグネシウムをはじめとするミネラル類

は、免疫力アップを助けてくれる成分です。

消化や代謝機能をはじめ体内のあらゆる活動を支える酵素の働きを活性化させることは、免疫力アップに繋がります。

また、亜鉛やマグネシウムをはじめとするミネラル類は、酵素を生成する材料となり、酵素の働きもサポートしてくれます。

レクレアを飲んで酵素の働きを活性化させ、免疫力を高めていきましょう!

また、免疫機能を担う免疫細胞の多くは腸内に存在します。

そのため、腸内環境を良好に整えることは免疫力アップに繋がります。

腸内環境を整える効果が期待できるレクレアは、免疫力を高めるためにもぴったり♪

ママの健康、赤ちゃんの健康を守るためにも、免疫力の対策にレクレアを摂り入れてみてくださいね。

レクレアの身体に優しいポイントとは?

レクレアは妊娠中・授乳中でも飲むことができる健康食品です。

ですが、ママが口にしたものが赤ちゃんの成長に大きく関わる妊娠中・授乳期は、普段以上に食品の安全性が気になりますよね。

ここでは、レクレアの身体に優しいポイントを3つご紹介します。

レクレアの身体に優しい3つのポイント

・甘いのに砂糖不使用

・添加物は少量の甘味料・香料のみ

・国内のGMP認定工場で製造

次から順に見ていきましょう。

甘いのに砂糖不使用

レクレアはスッキリと甘いパイナップル味です。

「甘くて美味しいから続けやすい」と話題のレクレアですが、砂糖は使用していません

レクレアの甘みを引き立てる成分は以下の通りです。

・パイナップル濃縮果汁

・キク科天然ハーブのステビア

・カロリーゼロのスクラロース

ステビアは、砂糖の代替品として幅広く使用されている天然甘味料です。

砂糖より甘いのに、ほぼゼロカロリーな点が特徴で、自然な甘みを感じられます。

ステビアには、デトックス作用もあるよ!

一方スクラロースは、砂糖を原料に作られた人工甘味料です。

砂糖の約600倍の甘さを持ちながら、カロリーゼロ・糖質ゼロです。

人工甘味料ではありますが、食品・飲料に幅広く使用され、安全性も確立しています。

ステビアもスクラロースも砂糖より甘いため、ごく少量で十分な甘さを感じられるよ♪

レクレアがスッキリ甘くて美味しいのに、

・低カロリー

・低糖質

・低脂質

を実現しているのは、これらの成分のおかげなのですね。

添加物は少量の甘味料・香料のみ

レクレアの添加物は、少量の甘味料と香料のみです。

少量の甘味料とは、先述のスクラロースと、デンプン原料による糖アルコール・ソルビトールです。

ソルビトールは自然由来の甘味料であり、スクラロースと同様安全性が確立されています。

低カロリーの甘味料で、過剰摂取しない限り身体への影響はないよ!

レクレアは生の酵素を摂取できるという酵素サプリとしての有用性の高さを追求しながら、美味しさにもこだわった食品です。

パイナップル濃縮果汁にごく少量の甘味料を加えることで、毎日美味しく続けやすい味に仕上げられているのだと考えられます。

また、レクレアの原料は穀物を麹菌で発酵させた穀物発酵液です。

原料だけでは飲みにくそうですが、少量の香料を加えることで飲みやすくしているのでしょう。

身体に重要な酵素を補いやすいよう、続けたくなる美味しさを実現させているんだね!

レクレアは飲みやすく味を調えるために添加物が使用されていますが、ごく少量のみです。

体質に合わない、アレルギーといった要因を除いて、副作用の可能性はほぼなく、安全性は高いと言えるでしょう。

国内のGMP認定工場で製造

レクレアは、国内のGMP認定工場で製造され、厳しい管理基準をクリアしたものだけを販売しています。

GMP認定工場とは、

・Good

・Manufacturing

・Practice

の略で、適正製造規範として認定されている工場のことです。

GMP認定工場では厳しい品質管理が行われ、

・原材料が適正か

・衛生面に問題はないか

・異物混入はないか

・品質は保証できるか

など、全過程において製品が安全に一定の品質を保っているかチェックしています。

厳しい管理基準をクリアしたものなので、安心して口にできるね! 

レクレアは生きた酵素を補えるという酵素サプリの有用性・機能性を持ちながら、飲みやすさにもこだわっています。

安全性にも十分配慮されたサプリなので、妊娠中や授乳期の方も毎日の日課として摂り入れやすいでしょう。

レクレアを妊娠中、授乳中に飲む際の注意点

レクレアは妊娠中や授乳中に飲んでも問題のない食品です。

自分の身体に合わせて日1~2本を目安に、自分の好きなタイミングで飲むことができます。

副作用の可能性は低く、安全性も高いと言えるよ!

ですが、妊娠中や授乳中はデリケートな時期なので、場合によっては注意してレクレアを飲む必要があります。

ここでは、レクレアを妊娠中や授乳中に飲む際の注意点を3つ紹介します。

妊娠中や授乳中に飲む際の3つの注意点

・お腹の調子が悪いときは飲むのをやめる

・水分をしっかり補給する

・薬と一緒に飲まない

次から詳しく見ていきましょう。

お腹の調子が悪いときは飲むのをやめる

お腹の調子が悪いときは無理せず、飲むのを一時中断しましょう。

レクレアは腸内環境を整え便通が良くなる効果が期待できる生酵素サプリです。

元々快便な方は、便が緩くなりお腹の調子が崩れる可能性があります。

また、妊娠中や授乳中は

・ホルモンの影響で自律神経が乱れる

・ストレス

・免疫力の低下

といった理由で、お腹の調子を崩しがちです。

上述のように便秘になる場合も多いですが、反対に下痢になってしまう場合もあります。

体質によってレクレアが合う合わないはあるけど、妊娠中・授乳中は妊娠前・出産前と異なりお腹の調子が乱れがちだよね…

妊娠中・授乳中で初めてレクレアを飲む際は、少量から試してみるのが良さそうですね。

お腹の調子に注意しながら飲むようにしましょう!

毎日継続して飲んでいたとしても、デリケートな妊娠中・授乳期はお腹の調子が悪いときは無理して飲まないようにしてくださいね。

水分をしっかり補給する

妊娠中・授乳期にレクレアを飲む際は、水分をしっかり補給しましょう

妊娠中や授乳中は身体により多くの水分が必要となります。

妊娠中は血液の循環が滞り、むくみに悩まされる方も多いでしょう。

むくみを解消したくて水分を控えてしまう方もいるかもしれませんが、

・お腹の赤ちゃんにサラサラの血液を送る

・羊水をつくる

・便秘予防

などのために、妊娠中は多くの水分を要します。

むくみが気になる場合は、水分を控えるのではなくてマッサージやストレッチをした方が良いよ

一方、授乳中も同じく水分補給が大切です。

母乳はママが摂った水分からつくられるため、水分不足は母乳量の減少やママの便秘を招いてしまいます。

水分不足は、ママの身体にも母乳にも悪影響だね…

また、レクレアに含まれる食物繊維は水分と一緒に摂取することで、

・便を柔らかくする

・腸の活動を活発にする

といった作用を発揮します。

レクレアは水なしでも飲める顆粒タイプのサプリですが、水分補給が大切な妊娠中・授乳中はレクレアを飲むときに可能な限り水分を一緒に補給するのがおすすめです。

レクレアの持つ力も発揮できるので、一石二鳥だね! 

薬と一緒に飲まない

薬を服用中の場合、レクレアを薬と一緒に飲まないよう注意しましょう。

酵素サプリであるレクレアと医薬品を合わせて摂取すると、お互いの作用が影響して身体に悪影響を及ぼす恐れがあるためです。

公式サイトでも、以下のような注意喚起を行っています。

Q お薬と一緒に飲んでもかまいませんか?

A お控えください。
空腹時に医薬品と合わせて摂取すると、薬の効果を促進させてしまう可能性がございます。お薬を飲まれている時は、食事の後や食事と一緒にお飲みいただくことをお勧め致します。

引用元:公式サイト

薬を服用中の方は、レクレアと薬を一緒に摂取することは避けましょう。

レクレアも薬も効果が発揮できなかったら、飲んだ意味がないよね

薬を服用中にレクレアを飲むタイミングとしては、

・食事の後

・食事と一緒に

がおすすめです。

念のため医師に確認をしたうえで、飲むタイミングに注意しましょう。

まとめ:妊娠中、授乳中にレクレアを飲んでも大丈夫

レクレアは、妊娠中・授乳中に飲んでも問題ありません

ただし、デリケートな妊娠中・授乳期は、事前に医師に確認してから飲むのがおすすめです。

ホルモンバランスの変化や運動不足など、様々な要因で身体の不調を感じやすい妊娠中・授乳期にとって、腸内環境改善をはじめとして健康をサポートしてくれる成分の詰まったレクレアは健康維持の強い味方です。

医師に事前確認したうえで、ママの身体や赤ちゃんのために健康的な身体作りを目指しましょう!

以下リンクからであれば縛りなしでお得にレクレアが試せますよ^^
※さらに今だけ!クレジットカード決済で初回500円!

\ 今ならクレカ決済で初回500円! /

△購入は公式サイトが安心・安全△

\累計販売台数1600万本突破/


△”無料”で有名クレンジングGET△
楽天ROOMやってます♪