クレンジング

よく落ちて肌に優しいクレンジングはどう選ぶ?よく落ちるクレンジングの方法もご紹介

本記事では、自分にあったクレンジングになかなか出会えなかった私が、よく落ちて肌に優しいクレンジングの選び方や正しいクレンジングの方法を解説しています。

今までいろいろなクレンジング剤を試してきたけど、なかなか自分の肌にあったものを見つけられない…
自分にあった肌に優しいクレンジングってどう選べばいいのか気になりますよね。

そこで今回はよく落ちる肌に優しいクレンジングの選び方正しいクレンジングの方法をご紹介します。

よく落ちる肌に優しいクレンジングの選び方は?
⇒クレンジングにはさまざまな種類があり、肌の状態メイクの濃さなどによって自分に適したクレンジングを選ぶことが重要です。

※クレンジングの種類と特徴や、正しいクレンジングの方法を知って美肌を手に入れましょう♪

自分にあったクレンジングを選ばないと、さまざまな肌トラブルの原因となります。

※肌に優しいDUOクレンジングバームならば、毛穴の汚れがスッキリしますよ!

\ SNSでも話題沸騰中/

△公式なら初回は半額の1,980円!△

よく落ちて肌に優しいクレンジングの種類と特徴

汚れがよく落ちて肌に優しいクレンジングの種類は、おもに次の7種類です。

・クリームタイプ

・ミルクタイプ

・シートタイプ

・オイルタイプ

・ジェルタイプ

・リキッドタイプ

・バームタイプ

クレンジングの種類によって特徴や洗浄力も違い、自分の化粧の濃さ肌質にあったクレンジングを選ぶことが美肌への近道です。

自分の肌にはどのクレンジングがあっているのか気になる!

それぞれ一つずつ順に、詳しく解説していきますね。

クリームタイプ

クリームタイプは、摩擦が少なく肌への負担が少ないとされ、乾燥しにくいという特徴があります。

洗浄力は他のタイプに比べるとあまり強くないため、どちらかというとナチュラルメイクの方向け♪

洗い上がりもしっとりしているので、乾燥肌敏感肌の方にもオススメのタイプといえるでしょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプは、乳液みたいなテクスチャーでベタつかず、一番肌に優しいとされているクレンジングです。

お肌に潤いを残しながらメイクが落とせるのが特徴♪

クリームタイプと同じで洗浄力は他のタイプより強くないものの、敏感肌乾燥肌の方にはオススメのタイプです!

乾燥しやすい冬の時期にもおすすめです♪

シートタイプ

シートタイプはクレンジングシートとよばれ、あらかじめシートにクレンジング液が含まれているので、いつでもどこでも簡単に落とせるのが最大のメリット◎

ただし、肌に直接当てて化粧を拭き取るため、クレンジングの中でも、一番肌に負担がかかってしまうタイプといえるでしょう。

毎日使用するのは避けたいところですが、時間がない時メイク直しの時などに使用することをオススメします。

オイルタイプ

オイルタイプは、やはり洗浄力がどのクレンジングタイプより一番高いのが特徴です。

濃いめのメイクでもしっかり落とせ、あまり力を入れずに素早くメイクが落とせるので肌への刺激が少ないのも嬉しいポイント!

しかし洗浄力が高い分、本来肌に必要な油分までなくなってしまうことがあり乾燥がちになるため、肌が強い方やもともと脂性肌の方にオススメのタイプです。

生理期間の数日もなるべく避けたほうが◎

ジェルタイプ

とろっとしたゼリーのようなテスクチャーのジェルタイプは、肌にすっと浸透し伸ばしやすいのが特徴です。

ジェルがクッションのような役割をし、肌に摩擦が起こるのを防いでくれるのもジェルタイプのいいところ◎

低刺激で洗い上がりもつっぱりを感じないので、乾燥肌敏感肌の方にオススメです。

またオイルフリーなものが多く、マツエクをされている方でも使えるのが嬉しいですよね。

リキッドタイプ

リキッドタイプは水分をベースに作られているため、水のようなサラッとしたテスクチャーが特徴です。

オイルタイプとあまり変わらない洗浄力ながら、濡れた手で使用してもOKなものが多く、お風呂の中で使用できるのが嬉しいポイント!

さっぱりとした洗い上がりなのでベタつくのが苦手な方にもオススメです。

マツエクをしている方はオイルフリーなものを選んでくださいね。

バームタイプ

肌にのせると体温で溶けてオイルのようなテスクチャーになるバームタイプは、メイクに素早くなじみ洗浄力が高いのが特徴です。

オイルタイプより肌に優しく洗い上がりもしっとりしているため、乾燥やつっぱりを抑えたい方に適したタイプ♪

ダブル洗顔不要なものが多いのも嬉しいポイントですよね。

​​よく落ちて肌に優しいクレンジングの選び方

汚れがよく落ちて肌に優しいクレンジングの選び方は、次の3つです。

肌にも優しいクレンジングの選び方

・肌質で選ぶ

・洗浄力や素早く落とせるかどうか

・季節で変える

肌に余計な負担をかけないためには、この3つを基準に自分にあったクレンジング剤を選ぶことが大切です。

肌の状態をよく見て毎日違うクレンジング剤を使うのもオススメです◎

順番に確認していきましょう!

肌質で選ぶ

自分の肌質にあったクレンジングや自分の今の肌の状態に合わせて選ぶのが、美肌への近道です。

人それぞれ異なる肌タイプなので、脂性肌の方がミルクタイプを使うと、余分な皮脂が落とせないため、ニキビや毛穴の黒ずみの原因に…

反対に乾燥肌の方が皮脂まで落とすオイルタイプを使うと、乾燥を悪化させてしまう原因となります。

自分の肌質にあったクレンジングを選ぶことが大切なんだね♪

肌トラブルが気になる方は、一度自分の肌にあったタイプのクレンジングに変えてみるだけでも、肌の状態がよくなる可能性がありオススメですよ。

洗浄力や素早く落とせるかどうか

クレンジング自体の洗浄力や、メイクを素早く落とせるかどうかも重要です。

様々なタイプがあるクレンジングですが、洗浄力の強さもタイプによってそれぞれ違ってきます。

洗浄力の弱いクレンジングを使うと肌への摩擦負担が大きくなり、肌を傷つけてしまうことに。

また、時間をかけて落とすより素早くメイクを落とせるクレンジングのほうが、肌に負担をかけずに済むので◎

目安はメイクを1分以内に落とせるかどうかです。

季節で変える

季節によって肌の状態も変化するため、使用するクレンジングを変えるのも大切なポイントです。

春や夏は紫外線の影響を受けやすく、秋冬は外気による乾燥で肌まで乾燥してしまいます。

季節でクレンジングの種類を変えることが美肌への近道なんだね。

気温が上がり紫外線ダメージが気になる春夏には、素早く落とせ洗浄力が高いオイルタイプバームタイプがオススメ◎

乾燥しやすい秋冬には、保湿効果があるクリームタイプミルクタイプなどがオススメですよ。

汚れスッキリ!肌にも優しいクレンジングは「DUOクレンジングバーム」

私が今まで使ってきた中で、メイクの汚れもスッキリ落とせ肌に優しいクレンジングでおすすめなのが「DUOクレンジングバーム」です。

DUOクレンジングバームは、汚れもメイクもしっかり落としてくれるのに肌に優しいのが特徴◎

美容成分もたっぷり配合されており、肌にも優しいクレンジングとなっています。

敏感肌の方にもおすすめです♪

また肌を傷つけることなく、メイク汚れや毛穴汚れまで素早く落とすことができるので、肌への優しさ高い洗浄力の両方を兼ね備えたクレンジングなのが嬉しいですよね。

固形のバームを手に馴染ませると、新感覚のとろとろテスクチャーに早変わり!

メイクに素早く馴染むので、濃いめのメイク毛穴の汚れまで素早くしっかり落としてくれます。

ダブル洗顔不要なところも忙しい方には嬉しいポイントですよね♪

\ SNSでも話題沸騰中/

△公式なら初回は半額の1,980円!△

肌にも優しくよく落ちるクレンジングのやり方って?

肌にも優しくてよく落ちるクレンジングのやり方のコツは全部で7つあります。

肌にも優しいクレンジングのやり方

①ポイントメイクは先に落とす

②手をキレイに洗い清潔にする

③クレンジングの使用量を守ろう

④クレンジングは乾いた手で使用する

⑤Tゾーンから頬、目や口と素早くなじませる

⑥すすぎは30~32度のぬるま湯でしっかりと

⑦清潔なタオルで優しく水分を取る

クレンジングは正しい使い方をしないと、せっかく自分にあったクレンジングを見つけてもその効果は薄れてしまいます。

正しいやり方でクレンジングしないと逆効果なんだね…

正しいクレンジングのやり方を1つずつ詳しくご紹介していきますね。

ポイントメイクは先に落とす!

まずは、アイメイクや口紅など濃いめのポイントメイクから先に落としていきましょう。

落ちにくいポイントメイクをゴシゴシこすって洗ってしまうと肌への負担となります。

ポイントメイク専用のリムーバーを使って優しく落としてあげましょう。

手をキレイに洗い清潔にする

顔全体のクレンジングをする前には必ず手をキレイに洗うようにしましょう。

手に汚れがついたままだと、雑菌が繁殖しニキビなど様々な肌トラブルの原因となります。

クレンジングの使用量を守ろう

クレンジング剤の量は多すぎても少なすぎても肌への負担となってしまいます。

使用している商品に適切な使用量が書いてあることがほとんどなので、きちんと守って使用するようにしましょう。

濃いめのベースメイクの時は少し多めにすると◎

クレンジングは乾いた手で使用する

次に適切な量のクレンジング剤を乾いた手のひらに出します。

中には濡れたままOKな商品もありますが、手が濡れているままだとせっかくのクレンジング効果を弱めてしまう原因となるので注意しましょう。

Tゾーンから頬、目や口と素早くなじませる

クレンジング剤は皮脂の量や汚れが多いTゾーンから広げていき、あごや頬、目の周りや口元と素早くなじませるのがポイントです。

あまり時間をかけると肌の負担となるので、理想は1分以内に素早く終わらせるようにしましょう。

クレンジングする順番や時間も大切なんだね!

すすぎは30~32度のぬるま湯でしっかりと

クレンジングが終わったらぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。

すすぐ際のお湯の温度は熱すぎは絶対にNG✕

乾燥肌や小じわの原因となるので要注意です。

30度〜32度くらいのぬるま湯が、肌への負担がかからずに適した温度となります。

すすぎ残しがないように、しっかりと30回以上すすいでくださいね。

こめかみなどの細かい部分も忘れずにね!

清潔なタオルで優しく水分を取る

清潔なタオルでポンポンと優しく抑えながら水分を取るのも大事なポイントです。

肌ざわりのいいタオルが刺激も少ないのでおすすめ◎

ゴシゴシと拭くのは肌への負担増なので避けてくださいね。

肌に優しくないクレンジングのNGなやり方

肌への負担となるクレンジングのNGなやり方は次の3つです。

①ゴシゴシこすり洗い

②クレンジングの時間が長い

③シャワーで洗い流す

この3つは、肌トラブルの原因となるので絶対に避けたい行為です。

時間をかけてゆっくりクレンジングすればいいという訳ではないんだね…

知らないうちに肌を傷つけてしまう前に、一緒に確認していきましょう!

ゴシゴシこすって洗う

メイクの汚れや毛穴の汚れまでしっかり落としたいからといって、ゴシゴシとこするように洗うのは絶対にNG!

ゴシゴシと肌をこすって洗うと、肌表面を傷つけてしまい乾燥や小じわの原因となってしまいます。

また本来肌のバリア機能に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、ゴシゴシ洗うのはやめましょう。

クレンジングの時間が長い

時間をかけてじっくりと念入りにクレンジングするのも、肌への負担となるためNG行為です。

比較的メイクが濃いポイントメイクまで一緒に落とそうとすれば、時間がかかるのは当たり前です。

クレンジングを長い時間、肌にのせていると肌に必要な油分や水分まで洗い流してしまうことに。

クレンジングの理想の時間は1分以内

素早く洗って流すことが美肌への一歩となります。

ポイントメイクはリムーバーを使って時短しよう♪

シャワーで洗い流す

せっかく素早く丁寧にクレンジングした後にシャワーで洗い流してしまうのも絶対にやめてください。

シャワーの水圧は思っているより強く肌への負担となり、たるみの原因となることも。

お風呂でクレンジングする時は、必ず手のひらでお湯をすくって優しく洗い流すようにしてください。

まとめ:よく落ちて肌に優しい「DUOクレンジングバーム」で美肌を手に入れよう

今まで様々なクレンジングを試してきた私が、肌に優しく汚れもよく落ちるクレンジングだと感じたのが「DUOクレンジングバーム」です。

DUOクレンジングバームに出会ってからは、ニキビができたり毛穴汚れが少なくなった気がします。

クレンジングを変えて正しいクレンジングのやり方をマスターしただけでも、こんなに効果が違うなんて驚きですよね。

肌トラブルに悩んでいる方も「DUOクレンジングバーム」で美肌を手に入れましょう。

\ SNSでも話題沸騰中/

△公式なら初回は半額の1,980円!△

楽天ROOMやってます♪