オルビスユーで30代の気になる肌に自信を!

脱毛ラボホームエディションとプロエディションの違いを徹底解説!おすすめはどっち?

本記事では脱毛ラボホームエディションとプロエディションの違いについて解説しています。

気になる人

脱毛ラボホームエディションとプロエディションって何が違うのかな?

ひとみみ

ホームエディションとプロエディションの違い、気になりますよね

脱毛ラボホームエディションとプロエディションの違いは?どちらがおすすめ?

性能や大きさに違いがあります。

手軽に脱毛をしたいならホームエディション

自宅でサロン級の脱毛をしたいならプロエディションがおすすめ!

※公式でのホームエディション、プロエディション販売は終了しました。

一部通販で販売してますが、正規品でない可能性があるため気をつけましょう

公式で安心して購入したい方は全身脱毛可能でコスパ良しのケノンがおすすめです!

\ コスパ良く全身脱毛ならコレ/

目次

脱毛ラボホームエディションとプロエディションの違いを徹底比較!

ホームエディション プロエディション
照射パワー 10ジュール(1㎠あたり 2.9ジュール) 11ジュール(1㎠あたり 3.67ジュール)
照射スピード 1ショット/秒6連射/秒
照射可能回数 30万ショット 120万ショット
一照射あたりのコスト 0.23円 0.08円
照射口の面積(横×縦) 30×15mm30×10mm
照射方向 垂直打ち 水平打ち
冷却機能 あり(照射口のまわりから冷却) あり(照射口から直接冷却)
大きさ(高さ×幅×奥行) 171.5×76×49.85㎜ 3200×2520×2230㎜
重さ 277g220g(ハンドピースのみ)
1.570g(全体)
定価(税込) 7万1478円 10万9989円
公式サイトキャンペーン価格(税込) 6万6478円 9万9990円

脱毛ラボホームエディションとプロエディションは性能や価格、大きさなど様々な違いがあります

手軽さならホームエディション、サロン級の脱毛をしたいならプロエディションです!

ホームエディションとプロエディションの違いを、わかりやすく11項目に分けて比較していきますね。

比較表の通り、ホームエディションとプロエディションには様々な違いがあります。

1項目ずつ順に解説していきますね!

比較①:照射パワー

ホームエディション プロエディション
10ジュール(1㎠あたり 2.9ジュール)11ジュール(1㎠あたり 3.67ジュール)

できるだけ強いパワーなものを使いたい人は、プロエディションがおすすめです。

照射のパワーはホームエディション10ジュール、プロエディション11ジュール。

ひとみみ

照射パワーの強さは特に重要なポイントですよ!

ホームエディションも十分に脱毛効果が期待できるパワーがありますが、プロエディションはさらにパワーアップしています。

プロエディションの照射パワーは脱毛サロンレベルのハイパワーなので、さらに脱毛効果が期待できますね。

比較②:照射スピード

ホームエディション プロエディション
1ショット/秒6連射/秒

処理に時間をかけたくない人は照射スピードが早いプロエディションを選びましょう。

ホームエディションは1秒に1ショットなのに対して、プロエディションは1秒に6連射。

照射するスピードが早いので、脱毛にかかる時間はプロエディションの方が短く済みます

ひとみみ

仕事や子育てに忙しい人にとって、短時間で処理できるのは大きなメリットですよね。

比較③:照射回数

ホームエディション プロエディション
30万ショット120万ショット

納得いくまで使いたい、誰かとシェアして使いたい人は、照射回数の多いプロエディションが良いです。

照射可能な回数はホームエディションが30万ショット、プロエディションが120万ショット。

プロエディションの方が、ホームエディションに比べて4倍も多く使用できます

ひとみみ

脱毛に時間がかかる人も120万回も照射できるなら安心ですね。

家族数人でシェアして使うことも可能です。

比較④:一照射あたりのコスト

ホームエディション プロエディション
0.23円0.08円

コスパ重視で選ぶならプロエディションです。

価格(公式サイトのキャンペーン価格)を照射できる回数で割って算出した1照射あたりのコストはホームエディション0.23円、プロエディション0.08円。

コスパが良いのはプロエディションと言えますね。

比較⑤:照射口面積

ホームエディション プロエディション
30×15㎜30×10㎜

少しでも照射口の面積が大きい方が良い人はホームエディションがいいですね。

照射口の面積はホームエディションが30×15㎜、プロエディションが30×10㎜。

照射口は、ややホームエディションが大きいですね。

比較⑥:照射方向

ホームエディション プロエディション
垂直打ち水平打ち

使いやすいのは、照射方向が水平打ちのプロエディションです。

照射する時に機械を肌に当てる方向が、ホームエディションは垂直打ち、プロエディションは水平打ち。

ひとみみ

背中などの届きにくい部分に機械を垂直にあてて照射するのは、少しやりにくいですよね。

使いやすさは水平打ちの方のプロエディションの方が優れています。

比較⑦:冷却機能

ホームエディション プロエディション
あり(照射口のまわりから冷却)あり(照射口から直接冷却)

できるだけ痛みを抑えたい人にはプロエディションがおすすめ。

ホームエディションとプロエディションのどちらにも冷却機能が備わっているので、脱毛前に照射部位を冷やしたり、ジェルを塗ったりするのは不要です。

ひとみみ

照射前に冷やさなくて良いのは嬉しいポイントですね!

冷却する機能はどちらにもありますが、違うのは冷える場所。

ホームエディションは照射部分の周りが冷える仕様でしたが、プロエディションでは照射部分が直接冷えます。

照射部分が直接冷えるので、照射パワーが強くなっていても痛みを感じにくい仕様になっていますよ。

比較⑧:大きさ

ホームエディション プロエディション
171.5×76×49.85㎜3200×2520×2230㎜

本体がコンパクトな方が良い人はプロエディションが良いですね。

本体の大きさは、ホームエディションが171.5×76×49.85㎜、プロエディションが3200×2520×2230㎜。

ひとみみ

大きさにはかなり違いがありますよ。

ホームエディションはバッグに入るサイズで、収納場所や持ち運びに困らないですね!

プロエディションは場所を取るので、収納場所の確保がいりそうです。

比較⑨:重さ

ホームエディション プロエディション
277g220g(ハンドピースのみ)1.570g(全体)

持ち運びたい人はホームエディション、処理の際に少しでも軽い方が良い人はプロエディションを選びましょう。

ホームエディションは277g、プロエディションはハンドピースの部分のみで220g。

どちらもハンドピース部分は重くないので、少し処理するくらいなら特に違いはないかもしれません。

ひとみみ

全身処理したい場合などは、持つ部分が軽いプロエディションが良さそうですね。

一方、プロエディションは本体部分も含めると1570g。

持ち運びには適しません。

持ち運んで使うなら、断然ホームエディションですね。

比較⑩:定価

ホームエディション プロエディション
7万1478円10万9989円

購入価格が安い方が良い人はホームエディションが良いですね。

定価はホームエディションが7万11478円(税込)、プロエディションが10万9989円(税込)。

差額は3万8511円(税込)でホームエディションの方が安いですね。

ひとみみ

ただ、定価で購入するのはおすすめできません。

公式サイトではキャンペーン価格で販売されていて、他の通販サイトで買うよりお得に買えます。

公式サイトのキャンペーン価格を見てみましょう。

比較⑪:公式サイトキャンペーン価格

ホームエディション プロエディション
6万6478円9万9990円

できるだけ安く購入したい人は、公式サイトでホームエディションを選ぶのがおすすめ

公式サイトで行われているキャンペーン価格だと、ホームエディションが6万6478円(税込)、プロエディションが9万9990円(税込)で購入できます。

差額は3万3512円。

ひとみみ

ホームエディションの方が約3万円安いですね!

ただ性能の違いや照射可能な回数を考えると、コストパフォーマンスが高いのはプロエディションだと言えます。

また公式サイトでは日替わりで1万円くらいの美容グッズのプレゼントをしていました!

最安値で購入できて、プレゼントもついてくるのはお得ですね。

※公式でのホームエディション、プロエディション販売は終了しました。

一部通販で販売してますが、正規品でない可能性があるため気をつけましょう

公式で安心して購入したい方は全身脱毛可能でコスパ良しのケノンがおすすめです!

\ コスパ良く全身脱毛ならコレ/

脱毛ラボホームエディションとプロエディションの重要な違いは性能と大きさ

脱毛ラボホームエディションとプロエディションの重要な違いは、

・性能

・大きさ

です。

照射のパワーやスピードはプロエディションの方が高いです。

性能が高いことによって、脱毛効果が高まったり、施術にかかる時間が短縮されたりしています。

ひとみみ

照射面が直接冷えるので、照射パワーが強くても痛みを感じにくい仕様になっているのも嬉しいポイントですね!

大きさはホームエディションが持ち運べるコンパクトサイズなのに対して、プロエディションは大きいので持ち運びには適しません。

ホームエディションは置き場所にも困らないので、どこでも気軽に脱毛できます。

収納場所がない場合や持ち運びたい場合は、大きさが重要になりますよね。

脱毛ラボホームエディション、プロエディションがおすすめな人

脱毛ラボホームエディションとプロエディションのどちらがおすすめかは、使用する人により異なります

それぞれ違うメリットがあるので、何を重要視するのかで選ぶといいですよ。

ホームエディションがおすすめな人とプロエディションがおすすめな人を解説しますので、自分はどちらが当てはまるか、考えてみてくださいね。

脱毛ラボホームエディションがおすすめな人

ホームエディションをおすすめするのは、こんな人です。

・コードレスで手軽に使いたい

・別の場所に住む家族や友人とシェアして使いたい

・購入時の価格を抑えたい

・大きい脱毛器は置き場所に困る

コンパクトサイズが良く、できるだけ安く購入したい人はホームエディションが良いですね!

脱毛ラボプロエディションがおすすめな人

プロエディションをおすすめするのは、こんな人です。

・できるだけ痛みが少ない方が良い

・短時間で脱毛したい

・性能がいいものを使用して、より高い脱毛効果が欲しい

・購入価格が安いより、コスパが高い方が良い

よりハイスペックなものを使用して、時間をかけずに高い脱毛効果を得たいという人はプロエディションが向いていますね!

まとめ:手軽さを重視するなら脱毛ラボホームエディション、自宅でセルフサロン級の脱毛をしたいならプロエディション!

本体のコンパクトさや、金額的に、手軽に家庭用脱毛器を使いたい人はホームエディションがおすすめです。

一方、自宅でサロン級の脱毛をしたい人は、プロエディションがおすすめ

プロエディションは脱毛ラボ直営のセルフサロンでも使用されている、ハイスペックな脱毛器です。

ひとみみ

自分にとって、なにが重要かで選ぶと良いですよ!

脱毛ラボホームエディションやプロエディションを使用して、ムダ毛のないキレイな肌を手に入れてくださいね♪

※公式でのホームエディション、プロエディション販売は終了しました。

一部通販で販売してますが、正規品でない可能性があるため気をつけましょう

公式で安心して購入したい方は全身脱毛可能でコスパ良しのケノンがおすすめです!

\ コスパ良く全身脱毛ならコレ/

▼脱毛ラボホームエディション関連記事▼

あわせて読みたい
脱毛ラボホームエディションの偽物と正規品の違い・見分け方3つを解説!【画像多数】 本記事では脱毛ラボホームエディションの偽物と正規品の違い・見分け方を解説しています。 結論から言うと、脱毛ラボホームエディションの偽物を見分けるのは難しいので...
あわせて読みたい
【最新版】脱毛ラボホームエディションの最安値は公式!安く買う方法や販売店も紹介 本記事では脱毛ラボホームエディションを実際に購入した私が、脱毛ラボホームエディションのお得な買い方や安く買う方法、販売店を解説しています。 そこで今回は脱毛ラ...
あわせて読みたい
【問い合わせてみた】脱毛ラボホームエディションは産後でも使える?いつから使えるか解説 本記事では脱毛ラボホームエディションが産後使用できるか、またいつから使用できるかについて解説しています。 脱毛ラボホームエディションは産後使用しても良いの? ...
あわせて読みたい
【安全性は大丈夫?】脱毛ラボホームエディションは子供も使えるのか解説します! 本記事では脱毛ラボホームエディションが子供にも使えるのかを解説しています。 脱毛ラボホームエディションは子供でも使えるのかな? 子供と一緒に使えるのか、気にな...

▼ホームエディションと他脱毛器との比較記事▼

あわせて読みたい
【必見!】家庭用脱毛器の脱毛ラボホームエディションとブラウンを徹底比較しました! 本記事では家庭用脱毛機「脱毛ラボホームエディション」と「ブラウン」の特徴や性能を比較、解説しています。 『脱毛ラボのホームエディション』と『ブラウン』どちらも...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次