大人気着圧スパッツから待望の夏用発売>>

【体験談】卒乳後胸がしわしわに・・対処方法4つを紹介

本記事では卒乳後胸がしわしわになった私が、卒乳後の胸がしわしわ対策を解説しています。


卒乳後しわしわの胸を見る度に、もう元に戻らないのか悲しくなる…


実際にバストダウンした胸を見ると、不安になりますよね。

そこで今回は卒乳後の胸がしわしわ対策をご紹介します。

■卒乳後のしわしわの胸に何か対策はある?
対策は4つあります!
ナイトブラを使えば、手間なく簡単に継続できますよ

ホールド力十分のナイトブラはまとめ買いがお得!
※なるべく早く使い始めることが美乳のポイント!

目次

卒乳後胸がしわしわになる5つの原因

卒乳後胸がしわしわになる原因は5つあります。

  • 女性ホルモンのバランスが安定しない
  • 皮膚やクーパーじん帯が伸びた
  • 姿勢が悪い
  • 食生活を始めとした生活習慣の乱れ
  • 身体の状態に合った下着をつけていない

これらの原因を知れば、対策につながります。
次で説明するので参考にしてくださいね。

女性ホルモンのバランスが安定しない

女性ホルモンのバランスが安定しないことで、胸がしわしわになるリスクが高まります。
なぜなら授乳中と卒乳後では、女性ホルモンの1つであるプロラクチンが減るためです。

このプロラクチンは母乳を出すために乳腺を活発にし、胸を大きくする働きがあります。

そのため妊娠後は一時的にバストアップしますが、卒乳後はプロラクチンが減るので胸も大きくサイズダウンし、しわしわになるんです。

仕方がないこととはいえ、ホルモンが減ることがわかっていれば対策も取りやすいですね。

皮膚やクーパーじん帯が伸びた

卒乳後の胸がしわしわになる原因には、皮膚やクーパーじん帯が伸びたことも考えられます。

まずクーパーじん帯とは胸を上向きに支えているじん帯で、一度伸びたり切れたりすると元には戻らないのが特徴です。

そのためホールド力がしっかりとしたブラで支えないと、このリスクが高まります。
授乳中は胸が急に大きくなるので、皮膚にもクーパーじん帯にも負担がかかりがちです。

さらに卒乳後一気に胸がサイズダウンすることから皮膚もクーパーじん帯も変化に追い付かず、胸がしわしわになってしまうんです。

姿勢が悪い

姿勢が悪いことも、胸がしわしわになる原因になります。
赤ちゃんが生まれるとどうしても抱っこをしながら物を取ったりと、前かがみの姿勢が多くなりがちです。

つまり猫背になる可能性が高いということです。

姿勢が悪くなれば血液やリンパの流れも悪くなり、筋肉も凝り固まることで胸が垂れやすくなります。

そのため卒乳に限らず、普段から姿勢が悪い人も胸が垂れやすいので要注意です。

食生活を始めとした生活習慣の乱れ

食生活を始めとした、生活習慣の乱れも胸がしわしわになる原因になります。
赤ちゃんが生まれてからお腹がすくもののお世話に忙しく、とりあえず食べやすいものを食べていませんか?

また睡眠や運動まで管理するような余裕が無い日が続きがちですよね。

乱れた食事や生活習慣はホルモンバランスを崩す原因となります。
結果として、卒乳後胸がしわしわになりやすいので、少しづつ生活は整えていくようにした方が良いですね。

身体の状態に合った下着をつけていない

妊娠前後では身体の状態は変化するものの、その変化に合わせた下着をつけていないのもバストダウンの原因になります。

授乳中は胸が大きく張るのと、授乳しやすさを優先することから締め付けのないブラを選ぶのは仕方がないです。

しかし卒乳後の胸と妊娠前の胸は一緒だと思い、妊娠前の下着をつけるのは避けた方が良いです。

人によっては妊娠前よりも胸が縮む場合もあるので、卒乳後は一度サイズを測り直して下着は購入した方が良いですよ。

卒乳後胸がしわしわにならないための4つの対策

次は卒乳後の胸がしわしわにならないための対策を4つ説明します。

  • 食生活から見直す
  • 生活習慣を整える
  • バストアップマッサージを行う
  • ナイトブラを使用する

できるところから始めてみましょう。

食生活から見直す

食生活から見直すだけでも効果的です。
授乳中は赤ちゃんのお世話で忙しいこともあり、コンビニで買ったものばかり食べているとタンパク質が不足しがちです。

そのためタンパク質を優先的に摂ることをおすすめします。
次はタンパク質を多く含む食品になるので、参考にしてください。

  • 赤身肉
  • ささみ
  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆類
  • 魚類

特に豆腐や納豆はイソフラボンが含まれており、女性ホルモンを整える上では効果的です。
ビタミンなどもしっかりと摂りつつ、まずは食生活を整えましょう。

生活習慣を整える

生活習慣もできる範囲で整えることが大切です。
授乳中は睡眠を取ると言っても、授乳のため頻繁に起こされて生活習慣を振り返る余裕も無いですよね。

しかしその状況も卒乳と共に、徐々に改善されてきます。

そのタイミングで良いので、生活習慣を振り返り睡眠を取るようにしたり軽い運動をするとホルモンバランスも安定しますよ。

結果として、卒乳後の胸のしわしわ対策にもなるのでおすすめです。

バストアップマッサージを行う

授乳が落ち着いたら、バストアップマッサージを行うのもありです。
簡単にできるバストアップマッサージは、このようなものがあります。

毎日行うのが理想ではありますが、まずは続けられるように隙間時間にやってみるといいですよ。

ナイトブラを使用する

一番手間なく簡単な方法になりますが、ナイトブラを使用すると効率が良いです。
先ほど説明したバストアップマッサージもいいのですが、赤ちゃんのお世話で忙しい中毎日続けるのは大変ですよね。

そこでナイトブラを使えば、着るだけでバストをしっかりとホールドしてくれるので形がきれいに整います。

昼間は普通のブラをつけたとしても、夜間もしっかりとナイトブラでケアすれば胸の負担も少なくなりメリットが大きいですよ。

おすすめできないバストアップ対策は?

ここでおすすめできないバストアップ対策もあるので紹介します。

  • バストアップサプリ
  • バストケアクリーム
  • 豊胸手術

これらがなぜおすすめできないのかというと、サプリやクリームは成分が体質に合わないと不正出血などの体調不良の原因になる可能性があるためです。

また豊胸手術は即効性はありますが、コストが多くかかる点と、身体への負担が大きいことから全ての人に気軽に勧められる方法とは言えません。

授乳後の身体であることも考えると、これ以外の方法にした方が安全ですよ。

ナイトブラならviageがおすすめ!

最後にナイトブラならviageがおすすめです。
viageはしっかりとしたホールド力と、シンプルで使いやすいデザインが特徴です。

他のナイトブラと比較するとコストも抑えめなので、買いやすさも魅力的です。
卒乳後もいいですが、ブラの上のめくりやすさから授乳中からも使えます

どれにしようか迷っているのなら、viageのナイトブラがおすすめですよ。

\ 卒乳後も自分のバストに自信を! /

△サイズ交換OKだから安心△

まとめ:バストアップ対策はナイトブラが続けやすい!

卒乳後の胸がしわしわになる原因は、ホルモンバランスと生活習慣の乱れによるのが大きな理由です。

その対策は5つあり、1番おすすめは手間なく簡単なナイトブラがになります。
もしナイトブラで迷っているなら、viageがおすすめです。

しっかりとしたホールド力で、形のきれいな胸を目指しましょう。

\ 卒乳後も自分のバストに自信を! /

△サイズ交換OKだから安心△

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる