キレイで笑顔のママを目指すおすすめサプリ>>

【原因別に解説!】しつこい鼻の黒ずみをケア*する方法11選

本記事では、鼻の黒ずみをケア*する方法について解説しています。

*タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

気になる人

色々試したけれど、しつこい鼻の黒ずみ*が気になる。いい方法はないかな。

ひとみみ

鼻の黒ずみ*、気になりますよね。原因別に鼻の黒ずみをケア*する方法を解説しているのでぜひ参考にしてください!

■鼻の黒ずみ*を取る方法は?

自分の悩みに合ったクレンジングを選びましょう。

毛穴ケア*に特化した黒いDUOがオススメです!

黒ずみ* タンパク汚れや角栓汚れによる

黒ずみケア*
毛穴ケア* タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

\ 自信が持てる肌に /

目次

鼻の黒ずみの原因は2つ!原因別にケアしましょう

鼻の黒ずみには原因別の対策が必要です。

鼻の黒ずみは、

・毛穴汚れ*のつまり

*タンパク汚れや角栓汚れによる

・色素沈着

の2つが主な原因です。

ケアの方法も異なるので、鼻の黒ずみの原因に合わせたケア*をすることが大切です。

*タンパク汚れや角栓汚れを落とす、保湿すること

ひとみみ

鼻の黒ずみ*が気になるときは、原因にあったケアができていないからかもしれません。
*タンパク汚れや角栓汚れによる

原因①毛穴汚れ*のつまり

*タンパク汚れや角栓汚れによる

毛穴汚れのつまりとは、角栓が毛穴につまっている状態のことをいいます。

角栓とは、古い角質や顔に残った油汚れと顔の皮脂が混ざってできたものです。

ひとみみ

毛穴につまった皮脂が酸化して黒くなってしまいます。

毛穴に角栓がつまる原因は

・ベースメイクが厚塗りになっている

・メイクを落とさず寝てしまうことがある

・落ちにくいクレンジングを使っている

などが多いです。

心当たりがある方は、毛穴汚れ*のつまりが原因で鼻が黒ずんでいる可能性が高いです。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

化粧下地やファンデーションなどのベースメイクアイテムには油分が含まれています。

ひとみみ

アイシャドウやチークなど、ほとんどの化粧品に油分は含まれていますよ。

メイクが落としきれず、肌に油分が残ってしまうと角栓ができやすくなります。

鼻の黒ずみ*を隠そうと厚塗りしてしまうと余計に落ちにくくなるため注意しましょう。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

原因②色素沈着

色素沈着とは肌が刺激を受けると生成されるメラニンにより黒っぽくなっている状態をいいます。

色素沈着は

・強い力で洗顔やクレンジングをする

・タオルでゴシゴシ顔をふく

・スキンケアの手順が多い

など、日常のちょっとした刺激でも起こってしまいます。

肌は刺激に弱く少しの摩擦でも、色素沈着してしまうことがあります。

ひとみみ

角質層は0.02mmと薄いため刺激にはとても敏感です。

また、スキンケアの手順が多すぎると肌に触れる回数が増え刺激になってしまいます。

結果的に色素沈着になる場合もあるのでやりすぎも控えましょう。

ひとみみ

肌に触れる回数は極力少なくすることが大切ですよ。

毛穴汚れ*のつまりが原因の鼻の黒ずみを取る方法7選

毛穴汚れ*のつまりが原因で鼻が黒ずんでいる人にオススメな方法を7つご紹介します。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

・クレンジングはバームタイプかオイルタイプを選ぶ

・保湿を意識したスキンケアをする

・水を飲む習慣をつける

・洗顔をするときは30度前後のぬるま湯を使う

・洗顔前に蒸しタオルで顔を温める

・食べ物を意識する

・睡眠時間をしっかり確保する

方法①クレンジングはバームタイプかオイルタイプを選ぶ

毛穴汚れ*のつまりにはバームタイプかオイルタイプのクレンジングがオススメです。

毛穴汚れ*のつまりによる鼻の黒ずみを取るには、日々のクレンジングでメイクを残さないことが重要です。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

ひとみみ

ベースメイクは毛穴を埋める効果があるのでメイクを浮かせて落とす必要があります。

バームタイプとオイルタイプは

・洗浄力が高く、擦る必要がない

・化粧品との馴染みがよく、濃いメイクも落ちやすい

・角栓までしっかり落とせる

という特徴があります。

高い洗浄力でメイクだけでなく角栓も浮かせて落としてくれるため、鼻の黒ずみ*をすっきりすることができます。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

ひとみみ

メイクもしっかり落ちるので鼻の黒ずみ*が繰り返しにくくなります♪
*タンパク汚れや角栓汚れによる

方法②保湿を意識したスキンケアをする

毛穴汚れ*のつまりによる鼻の黒ずみを取るには、保湿をすることが大切です。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

鼻の黒ずみ*や皮脂を気にして

・保湿をしない

・スキンケアを化粧水のみで済ませる

・洗顔の際に顔をゴシゴシ洗う

などは逆効果です。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

スキンケアをしっかりしないと油分の蓋がない分、必要な皮膚の水分が蒸発して乾燥してしまいます。

洗いすぎも必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥に繋がります。

ひとみみ

皮脂が気になってつい洗い過ぎてしまう方は気をつけましょう。

乾燥していると感じると、肌が余計に皮脂を分泌し毛穴がつまるという悪循環になってしまいます。

スキンケアの際は、保湿を意識しましょう。

洗顔、スキンケアをするときは

・シャワーを直接顔にかけない

・洗顔後すぐにスキンケアをする

・洗顔後は保湿力の高い化粧水をぬり、乳液で蓋をする

などが効果的です。

シャワーを顔に直接かけてしまうと洗いすぎのときと同様に必要な皮脂が落ちてしまうので要注意です。

ひとみみ

手に水を溜めて洗顔料が残らないよう10回ほどすすぐと効果的ですよ!

洗顔前のメイク落としの際は、

・保湿力のあるクレンジング

・必要な油分を落とさないようダブル洗顔不要タイプのクレンジング

を選ぶとより保湿効果が期待できます。

スキンケアアイテムを選ぶ際は、ぜひ参考にしてください!

ひとみみ

ダブル洗顔不要タイプなら楽して鼻の黒ずみケア*ができますね!
*タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

方法③水を飲む習慣をつける

鼻の黒ずみを防ぐためには水を飲むことがとても大切です。

体の中の水分が少ないと、乾燥を防ごうと皮脂が余計に分泌されてしまいます。

その結果、毛穴汚れ*がつまりやすくなり鼻の黒ずみにつながってしまいます。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

ひとみみ

水を飲まないと汗をかきづらくなり、毛穴汚れ*づまりにも繋がってしまいます。
*タンパク汚れや角栓汚れによる

コーヒーや紅茶などにはカフェインが多く、利尿作用があるため水分補給には向きません。

利尿作用が少なく体内に吸収されやすい水を飲む習慣をつけましょう。

目安は、一日1.5〜2リットル以上とされていますが初めは無理せず、気づいたら水を飲むように習慣づけていきましょう。

ひとみみ

自分の体型や体質に合わせて無理のない範囲で水を飲む習慣をつけましょう。

方法④洗顔をするときは30度前後のぬるま湯を使う

洗顔をするときの水はぬるま湯にしましょう。

水が冷たすぎると毛穴が閉まって汚れが落ちにくくなります。

熱すぎても、肌に刺激を与えてしまうので30度前後のぬるま湯で顔を洗うようにしましょう。

ひとみみ

ぬるま湯で顔を洗うと、よりさっぱりして気持ちがいいので試してみてくださいね♪

方法⑤洗顔前に蒸しタオルで顔を温める

鼻の黒ずみを取るには洗顔前に蒸しタオルをするのも効果的です。

かたくなった肌が、蒸しタオルをすることでふやけて柔らかくなるので毛穴汚れ*が落ちやすくなります。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

週に1〜2回程度、クレンジングと洗顔の間に行うのがおすすめです。

毎日でなくても効果があるのでリラックスしたいときに試してみてください。

ひとみみ

自分の生活スタイルに合わせて特別なケアとして取り入れてみましょう。

方法⑥食べ物を意識する

最近の食生活で、鼻の黒ずみ*や毛穴汚れ*のつまりにつながるものがないか意識してみましょう。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

・揚げ物などの脂っこいものが多い

・野菜やフルーツをあまり食べない

・1日3食食べない

・夜食を食べることが多い

などに心当たりがある人は、注意が必要です。

ひとみみ

ファストフードも脂っこいものに含まれるので取り過ぎは禁物です。

上記のような脂質の多い食生活を続けていると、ビタミンが不足して皮脂の分泌がコントロールできなくなってしまいます。

その結果、毛穴汚れ*が詰まりやすくなり鼻の黒ずみができやすくなります。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

ビタミンを意識した食生活を心がけましょう。

どうしても野菜を取ることや、お菓子を我慢することが難しい方はビタミンをサプリで補う方法もおすすめです。

ひとみみ

スナックお菓子も脂質が多いので、食べたいときはフルーツやナッツで代用するといいですよ!

方法⑦睡眠時間をしっかり確保する

鼻の黒ずみを防ぐには睡眠時間を確保することも大切です。

一見関係ないように思われがちですが、毛穴汚れ*のつまりによる鼻の黒ずみは古い角質が元になっています。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

睡眠をとることで、成長ホルモンが大量に分泌され、新陳代謝が活性化され古い角質が毛穴につまるのを予防することができます。

22時から深夜2時が成長ホルモンが1番分泌されると言われている時間なので、この時間を逃さずしっかり睡眠時間を確保しましょう。

ひとみみ

肌のゴールデンタイムと言われているこの時間を有効活用しましょう!

色素沈着が原因の鼻の黒ずみをケアする方法4選

色素沈着による鼻の黒ずみをケアする方法は4つあります。

・肌を擦らないアイテムを選んで刺激を抑える

・スキンケアのステップは最小限にする

・無理に角栓を押し出さない

・紫外線対策をする

詳しく解説します。

方法①肌を擦らないアイテムを選んで刺激を抑える

肌に刺激を与えないようにすると、色素沈着による鼻の黒ずみは防げます。

顔の皮膚はとても薄く刺激に弱いため、擦っただけでも色素沈着して黒ずんでしまうことがあります。

・ゴシゴシとクレンジングしない

・洗顔は泡立てて泡で洗う

などを心がけると刺激が減り、鼻の黒ずみを防ぐことができます。

洗顔の際も直接肌を擦らないよう、しっかり泡立てて泡で洗って肌への刺激を抑えましょう。

ひとみみ

泡立てネットや泡立て用のポンプを活用してふわふわの泡で洗顔しましょう!

方法②スキンケアのステップは最小限にする

スキンケアのステップが多いと顔に触れる回数が多くなり肌への刺激、色素沈着による鼻の黒ずみに繋がります。

・ダブル洗顔不要のクレンジング

・オールインワンジェル

など1つで2役のアイテムを使うことにより、顔に触れる回数が減るのでオススメです。

ひとみみ

ダブル洗顔不要のクレンジングはドラッグストアなどでもよく見かけるので気軽に試せますね!

1つで2役のアイテムでもしっかり選べば

・洗浄力が高い

・高保湿

など、鼻の黒ずみをケアする*のに適した特徴のものが多くあります。

最小限のスキンケアステップで数よりも質を高める方が、鼻の黒ずみをケアする*方法として効果が期待できます。

*保湿すること

ひとみみ

洗浄力が高いクレンジングの中には泥や炭の力を使った自然由来のものもあります。

方法③無理に角栓を押し出さない

無理に角栓を押し出すのは逆効果なのでやめましょう。

一時的に角栓は取れますが、毛穴が開いた状態なので黒ずみが繰り返しやすくなります。

ひとみみ

開いた毛穴は角栓がつまりやすく、黒ずみが気になることもあります。

さらに角栓を押し出すのは、肌にとって強い刺激になるため角質が取れても色素沈着でまた黒ずんでしまう可能性があります。

鼻の黒ずみ*を繰り返さないためにも、指で押し出したり、角栓を無理やり剥がすことは避けましょう。

*タンパク汚れや角栓汚れ、乾燥による

ひとみみ

一時的な効果を得られるからと繰り返し使うと、色素沈着による黒ずみが気になってしまうので注意しましょう。

方法④紫外線対策をする

メラニンは紫外線によっても作られてしまうので、紫外線による刺激が鼻の黒ずみになってしまいます。

日焼け止めを正しく使って紫外線対策をしましょう。

日焼け止めの効果は大体1時間と言われているため、定期的に塗り直すことが大切です。

また、日焼け止めが残っていると落とし残したメイク同様に毛穴につまってしまうのでしっかり落としましょう。

ひとみみ

心配な方はお湯でオフできるタイプを使いましょう。

毛穴ケア*に特化したアイテムを選ぶ際の注意すべきポイント

毛穴ケア* タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

鼻の黒ずみを取る方法をいくつか紹介しましたが、はじめは毛穴ケアに特化した商品が多く、取り入れやすいクレンジングや洗顔がおすすめです。

ひとみみ

毎日の洗顔やクレンジングなら習慣になっているので取り入れやすいですね。

毛穴汚れに特化した洗顔の中には、スクラブなど毛穴汚れを物理的に押し出すものがあります。

毛穴のつまりには効果が感じられても、肌への刺激が強いため色素沈着で鼻の黒ずみを繰り返してしまう可能性があるので注意が必要です。

クレンジングは、より効果が感じられやすいので迷ったら毛穴ケア用のクレンジングから試してみましょう。

ひとみみ

メイクを残さないようにするだけで毛穴のつまりはだいぶ改善できるのでクレンジングはとても重要です。

毛穴つまり・色素沈着どちらにもアプローチできる黒ずみケアクレンジングを選びましょう

毛穴ケア*だけでなく色素沈着の対策ができるクレンジングを選ぶことが大切です。

*タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

選ぶときのポイントは、

・保湿力の高いもの

・オイルタイプかバームタイプで洗浄力の高いもの

・ダブル洗顔不要で肌への刺激が最低限で済むもの

この3つを意識して選ぶと、毛穴汚れ*のつまりも色素沈着もどちらによる鼻の黒ずみにも効果が期待できます。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

ひとみみ

どちらの原因もケアできるのはうれしいですね。

毛穴汚れ*に特化したバームタイプの洗顔で、黒いDUOがあります。

ドラックストアでもよく見かけるので、鼻の黒ずみ*が気になる人は試してみましょう。

*タンパク汚れや角栓汚れによる

実際の毛穴ケア*の効果やレビューについては、【使ってみた】DUO黒の口コミ・レビューを徹底解説!で詳しく解説しているので併せてチェックしてみてください。

*タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと

あわせて読みたい
【使ってみた】DUO(デュオ)クレンジングバーム黒の口コミ・レビューを徹底解説! 本記事ではDUO黒を実際に購入した私が、DUO黒を実際に使った口コミ・レビューを解説しています。 (※)タンパク汚れや角栓汚れを落とすこと そこで今回はDUO黒の口コミ...

まとめ:クレンジングをしっかり選んで鼻の黒ずみを目立たなくしましょう

しつこい鼻の黒ずみには、クレンジング選びが重要です。

今回紹介した鼻の黒ずみ*を取る方法を踏まえて、鼻の黒ずみ*を目立たなくしましょう!

*タンパク汚れや角栓汚れによる

\ 自信が持てる肌に /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる