大人気着圧スパッツから待望の夏用発売>>

ベルミスのサイズ感の違いや選び方のコツを簡単解説!

本記事ではベルミスタイツやベルミススリムレギンスのサイズ感の違い、選び方を解説しています。

気になる人

ベルミスを購入したいけど、どのサイズを選べばいいのかな?
サイズの違いは何だろう?

ひとみみ

自分に合うサイズを購入したいですよね。

■ベルミスのサイズの違いは?

股上と股下の丈の長さに違いがあります。

ベルミスのサイズの違いで悩んだときは?

L-LLサイズを選ぶのがおすすめです!

普段使いしつつ手軽にケアで自信を!

つま先までケアして脚に自信を!

目次

ベルミス冬用タイツの主なサイズの違いは股上と丈の長さ

ベルミスタイツのM-LとL-LLサイズの違いは、主に股上と股下の丈の長さです。

ひとみみ

L-LLサイズの方がM-Lより足先までの長さに違いがあります。

おなかの部分の生地もL-LLの方が少し長く、標準体形で160センチ前後の人はウエスト部分まですっぽりと包んでくれる長さです。

ベルミスのサイズ展開はM-LとL-LLの2サイズあります。

タイツを購入する場合、測定する箇所はウエスト、ヒップの2点です。

しかし、太ももが太めの方はL-LLを買うことをオススメします。

ベルミスタイツのサイズ展開は2つ

ベルミスのタイツのサイズはM-LとL-LLの2サイズから選べます。

サイズの早見表は下記をご覧ください。

引用元:ベルミスタイツ公式サイト

ウエスト、ヒップが上記のどのサイズに当てはまるか確認しましょう。

ベルミスタイツのM-LとL-LLのサイズの大きく違うところは丈の長さと股上の長さでした。

ひとみみ

それ以外の箇所は大きな差はありませんでした。

自分のサイズより大きすぎると足首部分がもたついたり、逆に小さすぎると股の部分の浮きが出るかもしれません。

また、股上の長さが違うので、小さいものを選ぶとおへそのあたりまでで止まってしまいウエスト部分まで着圧しにくいでしょう。

標準体形で160センチ前後の身長ならL-LLの方がウエスト上部まですっぽりと包み込む長さになります。

ベルミスタイツのサイズの測り方

ベルミスタイツを選ぶ際には、

・ウエスト

・ヒップ

の2点のサイズを測ります。

選び方は、ウエストはM-Lサイズに該当するが、ヒップはL-LLサイズに該当する場合はL-LLサイズを購入するのがオススメです。

ちなみにウエストとヒップの測る場所が分からないという方は以下を参考に計測してください。

・ウエストはおへその上の一番くびれているところ

・ヒップはお尻の一番出ているところ

測る箇所を間違えると正しいサイズが測れなくなるので注意してくださいね。

測り方の注意点としては、

・鏡で横から見たときに床とメジャーが水平になっているか

・ウエストはおへそ周りではなくおへその上のくびれの部分で測る

また、ベルミスのタイツは太ももの太さも選ぶ際の指標にしてみてください。

例えば、足の中でも太もものハリが気になる方はL-LLサイズを選ぶのがオススメです。

ひとみみ

太ももの部分が引っかかって上まで上がらないという声も聞くので参考にしてくださいね。

ベルミスタイツはM-L、L-LLの2サイズなので自分のサイズに当てはまるものを購入しましょう。

つま先までケアして脚に自信を!

ベルミス夏用レギンスのサイズの違いは股上と丈の長さ、ヒップサイズも考慮しましょう

ベルミスレギンスのM-LとL-LLサイズの違いは主に股上と股下の丈の長さです。

足の長い人だと、M-Lサイズでは足首部分が出てしまう可能性があります

股上の長さも違うので標準体形で160センチの身長の方でM-Lだと、ウエストあたりまでしか生地が当たらないこともあります。

ひとみみ

標準体形で身長160センチ前後の方で、ウエスト上部まで着圧を求める方はL-LLでもよいでしょう。

ベルミスの夏用レギンスのサイズは、タイツと同様M-LとL-LLの2種類です。

しかしタイツと比べると、サイズを測る部位が違います。

夏用レギンスの場合は身長、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、足首の5点を測ってサイズ選びをしましょう。

ベルミス夏用レギンスのサイズ展開は2つ

ベルミスレギンスのサイズはM-LとL-LLの2種類です。

タイツと同様のサイズ展開ではありますがレギンスの方は測定箇所が5箇所になっています。

引用元:ベルミスレギンス公式サイト

身長、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、足首の5点に対して測定しましょう。

当てはまるサイズの所をチェックして一つでもL-LLに該当するならL-LLを購入するのがオススメです。

ベルミス夏用レギンスのサイズの測り方

ベルミスのレギンスの測定箇所は

・身長

・ヒップ

・太もも

・ふくらはぎ

・足首

の5点です。

測り方は

・ヒップはお尻の一番出ているところ

・太もも、ふくらはぎは一番太いところ

・足首は一番細い箇所

・測るときには床とメジャーが水平になっているか確認する

以上の点を踏まえ計測しましょう。

また、レギンスの場合はタイツより着圧が強く、そして丈が短く感じている方が多かったので、

・身長は低めで、ヒップや太もものサイズが大きめの人

・細身だけど身長が160センチ以上の方

・着圧を初めて試す人

このような人はL-LLサイズがオススメです。

普段使いしつつ手軽にケアで自信を!

ベルミスのサイズ選びで後悔しない4つのコツ

ベルミスを選ぶ際のコツとして、次の4点を紹介します。

・迷うときはL-LLサイズを購入する

・165センチ以上の身長の方はL-LLサイズを選ぶ方がいい

・小柄で普段Sサイズの人はM-Lでもよい

・測定箇所の大きい箇所に該当するサイズに合わせる

ベルミスのサイズ選びの際に参考にしてください。

サイズ選びのコツ①:迷うときはL-LLサイズを購入する

サイズ選びで迷ったときはL-LLサイズを選ぶのがいいでしょう。

ベルミスは着圧効果が高いので、L-LLサイズを選んでしまったからと言って着圧効果がないということはほぼありません。

口コミにもM-LサイズとL-LLサイズの着圧効果の差はあまり感じないという意見もありました。

ひとみみ

サイズで悩んだ時にはL-LLサイズを購入する方が間違いなさそうですね。

サイズ選びのコツ②:丈が短い可能性があるので、165センチ以上の方はL-LLがおすすめ

夏用のベルミススリムレギンスを購入する場合、丈が短い可能性があるため身長が165センチ以上の方は、L-LLサイズを選んだ方がよいでしょう。

身長の高い方がM-Lサイズを選ぶと丈が短い可能性があり、足首部分が出てしまったり、股の部分がきっちりと合わない事があります

そのためベルミス夏用のレギンスを購入予定で、丈が短いのが心配な方や足の長めの方はL-LLサイズを検討すると良いですよ!

ひとみみ

丈が短いのが心配な方はL-LLサイズを選んでおくと安心だよ。

サイズ選びのコツ③:小柄で普段Sサイズの人はM-Lサイズでもよい

普段からSサイズの服を着ている人はM-Lを選んでも良いでしょう

小柄な方は、L-LLサイズだと足首の部分にもたつきが出てしまう可能性があります。

ひとみみ

例えばヒップや太もものサイズがL-LLに該当するならL-LLサイズを選ぶ方が、履きやすい場合もありますよ!

全ての計測箇所がM-Lに該当する、もしくはM-Lを下回る場合は、M-Lを購入しましょう。

サイズ選びのコツ④:測定箇所の大きい方に該当するサイズに合わせる

タイツ、レギンス共にサイズ表で、自身のサイズを測って一か所でも大きい方のサイズに当てはまるならL-LLを選びましょう。

例えば、ウエストはM-Lで、ヒップはL-LLに該当する場合はL-LLを選ぶ事をお勧めします。

ひとみみ

小さいサイズで購入してしまうと、上まで履くのに苦労したり、無理に履くことにより破ける恐れがありますよ。

そのため、一つでも大きいサイズに該当するならL-LLを購入する方がいいでしょう。

自分に合わないベルミスのサイズを履くことのデメリット4つ

もし、ベルミスを自分に合わないサイズで履いていると

・着圧効果が感じられにくい

・サイズの小さいものだと締め付けすぎにより苦しくなる

・服を着た時にスタイルが悪く見える

・無理やり履くことで破れる恐れがある

などのデメリットがあります。

ベルミスは自分のサイズに合ったものを選ぶことが大切になります。

デメリット①:着圧効果が感じられにくい

ベルミスは自分のサイズよりあまりにも大きめだと、必要な箇所に対しての圧がなくなり、せっかくの着圧効果が期待できません。

ひとみみ

むくみの解消、引き締める目的のために着圧をしているにも関わらず効果が感じにくい事があります。

その為、自分に該当するサイズよりあまりにも大きすぎたり小さすぎるものを履くことはオススメしません

デメリット②:サイズの小さいものを履いていると健康被害が…

着圧効果を出したいからと言って、自分のサイズより小さいものを履き続けると、強い着圧効果により締め付けられ、気分が悪くなる恐れがあります。

また、着圧が強すぎて快適に動くことが出来ないという意見もありました。

▶▶ベルミスが履けないと感じたら…【体験談アリ】ベルミスが履けないとの声が・・真相は如何に!?も合わせてご覧ください♪

デメリット③:服を着た時に、スタイルが悪く見える

小さいものだと股の部分に浮きが出る、大きいものだと足首あたりにたるみが出る事により、せっかくスタイルをきれいに見せるために行っている着圧が逆効果になることもあります。

デメリット④:無理やり履くことにより破れる恐れがある

自分のサイズに合っていないものを履こうと無理に生地を引っ張ることにより破ける恐れがあります

特に小さいサイズの場合、股の部分に生地が当たらず浮いてしまいます。

ひとみみ

ベルミスの破れる原因で一番多かったのは、強く引っ張る事によるものでした。

その為、自分のサイズに合っていないものを無理に履こうとすることはオススメできません。

購入する前には、記載されている測定箇所を測り、自分のサイズを把握しましょう。

▶▶ベルミスを破れにくくする対処法を知りたい方はベルミスが破れたとの声が・・真相を解説!もし破れたら縫うべき?も合わせてチェック!

冬用のベルミスタイツのサイズに関するネット上の口コミ

ベルミスタイツの口コミとしては、股下部分が浮いてしまうという意見や、足首の部分にたるみが出るという意見がありました。

ひとみみ

M-Lサイズでも履けたけど、少しきつめだったので次はLーLLサイズにしようと考えている方が多かったです。

大きめを購入した人の口コミを見ても着圧感に関してはほとんどの方が効果を感じていました。

【タイツ】サイズの口コミ①:L-LLサイズでも股下が足りない方も

この方はL-LLでも股下部分の浮きが気になったようですね。

ひとみみ

巻き爪や外反母趾など足先を締め付けると痛みを伴う方は、タイツよりレギンスの方が痛みを感じなくて良さそうですね。

【タイツ】サイズの口コミ②:普段の服のサイズで選ばずにきちんと測って選ぶことが大切

ひとみみ

ベルミスのタイツは普段履いている服のサイズで選んでしまうと、部分的に合わないこともあります。

例えば、太ももまではすんなり履けたけどヒップで履けなくなったという意見もあるのできちんとサイズ表を参考に計測しましょう。

【タイツ】サイズの口コミ③:レギンスより1サイズ下でも合う場合も

この方は、レギンスはL-LLを購入して、タイツはM-Lサイズを購入したようです。

ひとみみ

着圧感に関してはどちらも満足していますね。

しかし、レギンスのL-LLと比べるとタイツのM-Lの方が股の部分がきっちりと合っているように感じているようです。

身長が155センチ以内で全体がM-Lに当てはまるなら、M-Lできっちりと着圧を感じられるサイズ選びをするのも良いでしょう。

ベルミスのタイツはM-LもL-LLも着圧感はほぼ差がないとの口コミが多かったです。

そのため、着圧感を得るために小さめを選ぶ必要はないでしょう。

ひとみみ

自分のサイズがどちらにも当てはまる場合は、L-LLを選ぶ方が履きやすそうです!

特に太ももやヒップで上がらなくなる人がいるので、自分のサイズがL-LLに近ければ大きめを購入するのもオススメです。

また、外反母趾や巻き爪の方は、足先を締め付けると痛みを伴うこともあるので、タイツよりレギンスを選ぶ方がいいでしょう。

▶▶ベルミスタイツを実際に履いた私のレビューはベルミススリムタイツの口コミ効果は本当?ネットの評判と実際使用した私がレビューします!で紹介しているので、合わせてご覧ください♪

あわせて読みたい
【体験談】ベルミススリムタイツは効果なし?悪い口コミも徹底解説! 記事ではベルミススリムタイツを実際に購入した私が、実際に使用した感想とネットの口コミや評価を解説しています。 ベルミススリムタイツが気になっているけど、実際使...

夏用のベルミスレギンスのサイズに関するネット上の口コミ

ベルミスのレギンスはサイズの差で着圧感にはほとんど差がないと感じている人がいました。

ひとみみ

着圧感を強くするためにM-Lを選んでしまうと足首が出てしまうという声もありました。

また、タイツと比べるとレギンスの方が履きにくいと感じている方が多かったので、どちらのサイズにするか悩んでいるならL-LLでも良いでしょう。

【レギンス】サイズの口コミ①:M-LもL-LLも締め付け感の差はほとんどない

https://twitter.com/monnaie_aoi/status/1514066882596589570?s=20&t=QYZzL1BpgsKGWHtEJZ_pYA

どちらのサイズも着圧感はほぼ変わらないとの声がありました。

ひとみみ

次に買うときはL-LLにしようと考えている人もいました。

着圧感を得るためにより小さい方を選んでしまいがちですが、もし自分のサイズがL-LLにより近いならL-LLを選ぶ方が履きやすさを感じられるでしょう。

【レギンス】サイズの口コミ②:タイツと同じサイズでもレギンスの方がきつく感じる方も

同じサイズでもタイツよりレギンスの方がきついと感じている声がありました。

ひとみみ

太ももやヒップで止まってしまったという意見もあります。

タイツがM-Lだったからと言ってレギンスも同じサイズを選ぶのではなく、自分のサイズがM-Lの範囲内でも、よりL-LLに近ければレギンスは大きめを選ぶのが良いでしょう。

【レギンス】サイズの口コミ③:丈が短いので、160センチ以上の方はL-LLがオススメ

レギンスはタイツに比べ丈が短いと感じているという声がありました。

個人の足の長さもありますし、好みもありますが、160センチ以上の身長で足首まで隠したい人はL-LLを購入するのがよいでしょう。

ひとみみ

逆に八分丈ぐらいで履きたい人でサイズ表にあっていればM-Lサイズでも良いでしょう。

ベルミスのレギンスはM-L、L-LLどちらも着圧感に差はないという意見が多かったです。

M-Lを履いている人も、次はL-LLにしようと考えている方もいるので、無理に小さいサイズを履かないと着圧感が得られないということはないようです。

また、レギンスはタイツより少しきつく感じる意見もあったので、タイツM-Lがピッタリの方はレギンスはL-LLサイズを選ぶのが良いでしょう。

また、身長160センチ以上で足首まできっちり隠したい人で人はL-LLを検討しましょう。

▶▶私がベルミスレギンスを履いたレビューは【履いてみた】夏用の新作ベルミススリムレギンスの口コミ・レビューを徹底解説!で詳しく紹介しています!

あわせて読みたい
【体験談】ベルミス夏用のスリムレギンスの口コミを徹底解説! 本記事ではベルミス夏用のスリムレギンスを実際に購入した私が、実際に使用した私のレビューやネットの口コミを解説しています。 夏用ベルミスのスリムレギンスが気にな...

ベルミスのサイズ感や選び方関連のQ&A

Q1:ベルミスの冬用タイツと夏用レギンスでは同じサイズでも着圧感が違う?

ベルミスのタイツとレギンスは同じサイズでも着圧感が違うと感じている方がいました。

着圧感の違いを感じている人の中では、レギンスの方が着圧効果が強いという意見が多かったです。

ひとみみ

タイツがM-LならレギンスはL-LLのように選ぶことも検討してみてはいかがでしょうか。

Q2:サイズ交換にかかる日数は??

お住いの場所によって変わりますが、早い方で翌日、長い方で1か月たってようやく届いたという方もいました。

ベルミスは人気商品のため、注文が殺到する場合には交換にも時間がかかるようです。

ひとみみ

交換には時間がかかると思っておいた方がいいでしょう。

▶▶ベルミスが何日で届くか詳しく知りたい方はベルミスのタイツやレギンスが届かない?いつ届く?届くまで何日かかるか調査しました!も合わせてご覧ください♪

Q3:どちらのサイズも試してみたい場合はどうすれば良い?

まずはセット購入で、小さいサイズを購入して、合わなければ大きいサイズに変更するのがオススメです。

ひとみみ

どちらのサイズも1枚づつ購入して試すという方法もありますが、ベルミスは単品購入では交換ができません。

そのため、単品購入してしまうと合わなかったサイズのものは家族や友人にあげることしか出来ません。

複数枚購入の場合は、開封してしまったものは対象外ですが、返送料はかかりますが、1枚づつ購入するより単価は安くなるので、損はないでしょう。

スクロールできます
購入数価格送料返送料サイズ交換した場合の単価
単品購入3,990円800円なし4790円で1枚入手
3枚+1枚12,990円なし800円1枚当たり4063円で3枚入手※
5枚+2枚(レギンス)
4枚+3枚(タイツ)
19,990円なし800円1枚当たり3198円で6枚入手※
ベルミスタイツ、レギンス(公式サイトで購入の場合のみ)

※複数枚購入の場合、1枚は開封済みのため返品不可なので1枚少なく計算しています。

ひとみみ

普段使いとして複数枚持っておきたい方は、セット商品を選ぶ事をおススメします。

Q4:ベルミスは購入後のサイズ変更は可能?

ベルミスは購入後のサイズ交換に対応しています

ただし以下の条件があります。

・商品発送日より30日以内に連絡すること

・3枚セット、もしくは5枚セットの購入で、1枚のみ開封の場合

・1枚のみ開封の場合(2枚以上開封は対象外

・未開封のもののみ交換可能

・返送時の送料は自己負担(交換後の商品の配送料はベルミス負担)

・納品書を同梱すること

自分のサイズに合っていないと分かった時は早めにサイズ変更の手続きをしましょう。

まとめ:ベルミスのサイズの違いは股上と股下の長さ。迷ったときは、L-LLを選ぶのがオススメ

ベルミスのサイズ違いは股上と股下の長さです。

伸縮性もあるため、股上と股下の長さ以外はそこまで差はありませんでした。

ひとみみ

サイズ表に合わせて自分のサイズに合うものを購入しましょう。

もし、どちらのサイズにしようかと悩んだ場合にはL-LLを購入するのが良いでしょう

複数枚購入の場合は、サイズ交換もできます。

自分に合うサイズを選んで、スッキリ美脚を目指しましょう。

普段使いしつつ手軽にケアで自信を!

つま先までケアして脚に自信を!

▼ベルミス関連記事▼

あわせて読みたい
ベルミス偽物の見分け方3選!正規品との違いはタグやパッケージ?メルカリは偽物なのかも解説 本記事ではベルミスを実際に購入した私が、ベルミスの偽物と正規品の違い・見分け方を解説しています。 結論から言うと、ベルミスの偽物を見分けるのは難しいので、確実...
あわせて読みたい
【2022年10月】最安値のベルミスは市販されている?どこに売ってるか販売店舗が5秒でわかる! 本記事ではベルミスを実際にゲットした私が、ベルミスを売っている販売店を徹底解説しています。 結論から言うと、ベルミスはドラッグストア・ドンキ等の市販の店舗では...
あわせて読みたい
ベルミスは産後いつから履ける?産後すぐや妊娠中の着用がOKかも解説! 本記事では産後ベルミスを履き始めた私が、「ベルミスは産後いつから履ける?妊娠中の着用は?」を解説しています。 そこで今回はベルミスは産後いつから履けるのかをご...
あわせて読みたい
ベルミスタイツとレギンスの違い7選!夏用と冬用を比較してみた 本記事では、ベルミススリムタイツとベルミススリムレギンスを購入・着用した私が、それぞれの違いを表付きで紹介しています。 結論から言うと、つま先まで重点的にケア...
あわせて読みたい
ベルミスレギンスは寝る時や生理中に履いてOK?理由も徹底解説! 本記事ではベルミスを寝る時や生理中に履いて良いかについて解説しています。 ベルミスって寝ながら履いても良いの?生理のときの利用も気になる・・ 寝る時に履いても...
あわせて読みたい
【2022年10月】ベルミスコルセットのダズユークーポン情報をカンタン解説! 本記事ではベルミス ダズユースリムコルセットのクーポン情報を解説しています。 ベルミスダズユースリムコルセットってクーポンはあるのかな?できるだけお得に買いた...
あわせて読みたい
【2022年10月】ベルミスクーポン情報をカンタン解説! 本記事ではベルミスのクーポンコードについて入手方法や使い方を解説しています。 ベルミスのクーポンコードが欲しいけど、どこで入手できるかな? クーポンコードがあ...
あわせて読みたい
ベルミスの効果はいつから?脚痩せ効果もあるのか徹底解説!【体験談】 本記事では、SNSで今、話題のベルミス スリムタイツの効果がいつから出るのかについて解説しています。 最近SNSで話題のベルミスが気になってるけど、いつごろから効果...

▼他着圧レギンスとの比較記事▼

あわせて読みたい
ベルミスとグラマラスパッツの比較18項目!どっちがいいか産後に両方履いた私が解説 本記事ではグラマラスパッツとベルミスを実際に購入して産後に履いた私が、グラマラスパッツとベルミスの違いを18の観点で解説しています。 グラマラスパッツとベルミス...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる